FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

記念日

青空を
切り裂くやうな
音がして
胸騒ぎを誘う
轟音が聞こえ
空を見上げる
きつと飛行機でせう
ずいぶん低くを
飛んでいますね
人々は
小さな胸騒ぎを
呑み込んで
何事もなかつたやうに
日常に
すぐさま戻つてゆく
それが
義務でもあるかのやうに
轟音は
近づいてくる
人々は
そのとき
眠りに就かうとしていたり
食事を摂らうとしていたり
妻子と遊んでいたり
なにかの努力をしていたり
世界平和を祈つていたり
その人々の
からだは
数秒後
大小無数に千切れて散らばり
焼け焦げて
灰になる
轟音の正体が
なんであるかも知らぬまま
それは
誰かが切つた
トランプのカードだ
死神の顔を載せた
冷たい愛国心が
人々の頭上に届く
日常のままに
影になる
うち崩れた壁に
コンクリートの瓦礫の上に
人々は影になる
一瞬のことだ
権力者の
政治的射精のために
武器商人の利益のために
人々は影になる
塵になる
歴史を思へば
螺旋状に脈打つてきた
幾多の殺戮が
きらめいている
誰かが切つた
トランプのカードが
誰かの日常の上に落ちる
光が破裂する
おおきなきのこが
幾千万のいのちを吸う
もうわかつていることだらうに
人はそのボタンを押す
必ず押す
その日は記念日になるだらう
長崎や広島のやうに
語り継ぐものが
残つていたなら

詩人にそのとき
できることはなにもない
きつと皆と一緒に
冷たい影になるのだらう





関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

詩を拝読させていただきました。

 僕がPCの前を離れていた間に偕誠さんがお書きになられた詩を拝読させていただきました。どこがという指摘は出来ないのですが、変わりつつある、という印象がします。詩を書き続けるという意志がそうさせるのでしょうか。

>人々は
>小さな胸騒ぎを
>呑み込んで
>何事もなかつたやうに
>日常に
>すぐさま戻つてゆく

せわしいく感じさせるのは、自分の身体を流れる時間と周囲の時間の速さが異なること、自分の現実と世界の現実との歪が大きすぎること、そして、何よりも自分自身が規則で自分を縛りあげてしまうからなのでしょうね。
今日一日の休暇を取ったとしても、明日には仕事に戻らないと、と。
詩を書くことは一瞬の感情の世界の静止であると言われた方がいました。
止まった空間には永遠がある。だから詩の世界は永遠なのだ、と
僕はその世界に手が届きませんが、偕誠さんの指先でなら触れることができるのかもしれません。
ご多忙とご推察致します。
ご体調など崩されませんようにお祈り致しております。


otosimonoさん

コメントありがとうございます。

>  僕がPCの前を離れていた間に偕誠さんがお書きになられた詩を拝読させていただきました。どこがという指摘は出来ないのですが、変わりつつある、という印象がします。詩を書き続けるという意志がそうさせるのでしょうか。

ぼくも書いた後に読み返して
すこしそんな気配を感じていました。
思うに、それは今まで書いてきたものに対して
「責任を負う」覚悟ができたことが現れつつあるのかもしれません。
それはプチパリでの、otosimonoさんとの対話の中で生まれたものです。
いまはまだ、この新しい手綱に慣れていません。
けれど慎重になれば失う気もしています。
結論はやはり、書き続ける、ということしかないようです。


> せわしく感じさせるのは、自分の身体を流れる時間と周囲の時間の速さが異なること、自分の現実と世界の現実との歪が大きすぎること、そして、何よりも自分自身が規則で自分を縛りあげてしまうからなのでしょうね。
> 今日一日の休暇を取ったとしても、明日には仕事に戻らないと、と。
> 詩を書くことは一瞬の感情の世界の静止であると言われた方がいました。
> 止まった空間には永遠がある。だから詩の世界は永遠なのだ、と
> 僕はその世界に手が届きませんが、偕誠さんの指先でなら触れることができるのかもしれません。

「一瞬の感情の世界の静止」とは、まったく同感です。
切り取る、というか、スケッチするというのか。
うまく表現できませんが、そこを目指していることは間違いありません。
自分と世界との歪のなかに、その空間があるのかもしれません。
あるいはその入り口が。
その鍵は不意に訪れては、ペンをとる暇も与えずに消え去ってしまったりします。
その残影を追い、網膜の一瞬の記憶をさぐり、いつかそこに触れたいと思います。
今後も道案内をよろしくお願いします。

> ご多忙とご推察致します。
> ご体調など崩されませんようにお祈り致しております。

ありがとうございます。
日中もすっかり寒くなって参りました。
otosimonoさんもなにとぞご自愛専一になさってください。
いつも本当にありがとうございます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR