071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

生業

海から奪い
森から奪い
山から奪い
空から奪い
地球から
搾り取るだけ搾り取り
ついに神から奪いはじめた

けれど
わたしたち詩人は
忘れてはいない
それより遥か昔から
人は人から奪ってきたこと

人は奪うことのみで
生きてきたこと





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

 与える、ということはとても難しくて、奪うということは無意識にでもやってのけているほど容易い。そこでは悪意や善意などは意味をなしてはいない。
 ちょうど注いだウィスキーの中に氷を詰めて、口に運ぶわけではないので、それが水のように薄くなっても、ただじっと見ている。日々はそんなとても消極的な「略取」にあふれている、と思うのです。

 ご無沙汰してすみませんでした。
 偕誠さんの詩に立ち寄らせていただきますので宜しくお願い致します。

otosimonoさん

コメントありがとう。
お久しぶりで…うれしいです。

>  与える、ということはとても難しくて、奪うということは無意識にでもやってのけているほど容易い。そこでは悪意や善意などは意味をなしてはいない。
>  ちょうど注いだウィスキーの中に氷を詰めて、口に運ぶわけではないので、それが水のように薄くなっても、ただじっと見ている。日々はそんなとても消極的な「略取」にあふれている、と思うのです。

ぼくは人間として生まれて、いまに至るまで
日々、何かを奪わなかったことはないのだと思います。
それは『消極的な略取』だったり
「恩恵」と呼んでてのひらをあわせてみたり、サマザマですが。

ぼくは毎日「他」から奪いながら生きています。
それを自覚していたいと思って、書きました。


>  ご無沙汰してすみませんでした。
>  偕誠さんの詩に立ち寄らせていただきますので宜しくお願い致します。

またotosimonoさんの文章があらたに読めてうれしいです。
コメントもいつも刺激をいただいてます。ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。