0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

爆弾

小型の爆弾を
いつも胸に
ひとつ抱えている

ひとり部屋におとなしくしているときも
友とかたらいわらっているときも
妻とわいわいふざけているときも
仕事をしていても
街をあるいていても
いつも胸に
爆弾がある

それが破裂すれば

肉も骨も
別段、どうにもならないが
その奥にある
心と呼ばれる
抽象的な
おそらく内臓の類いのようなそれを
一瞬で
木端微塵にくだいてしまう

その爆弾を
かかえてうつしよを歩いていくところに
ぼくの天命が存在する




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

いつ爆発するかわからないところが
怖いところですよね
日常のなにが起爆剤になるかわからない
在る日、ふとしたことでそれは爆発し
なにもかもを全部木っ端みじんにしてしまう恐怖
その恐怖といつも隣り合わせになりながら
生活していかなければならないのだから
とてもやっかいなものを持たされてしまったものですけど
偕誠さんは、それを天命として
いつ爆発するかわからないそれと対峙しようとされているのだなあと
そんなことを思いました

陽炎さん

コメントありがとう。


> いつ爆発するかわからないところが
> 怖いところですよね

はい。それに関しては視力も聴力も役にたちません。
暗闇の中で、見えない導火線の気配をさぐるばかりです。


> 日常のなにが起爆剤になるかわからない
> 在る日、ふとしたことでそれは爆発し
> なにもかもを全部木っ端みじんにしてしまう恐怖
> その恐怖といつも隣り合わせになりながら
> 生活していかなければならないのだから
> とてもやっかいなものを持たされてしまったものですけど
> 偕誠さんは、それを天命として
> いつ爆発するかわからないそれと対峙しようとされているのだなあと
> そんなことを思いました

それはぼくのたましいそのもの、のようなんです。
いつ破裂するかしれない
いつでももてあまし気味の
なんの役に立つともしれない
不気味な、それが
それこそが、ぼくのたましいなのだと、
そんな気がするのです。
だからそれと向き合い続けます。
破裂するならするで、いいんです。
・・・ほんとは厭だけど、でもそれもぼくなのですから。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR