091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

手紙

拝啓、国家さま

秋です
秋には大量の葉が
まちかどのいたるところで舞うでせう

あきらめるという
静かなたたかいを
舞う葉のいちまい、いちまいが教えてくれています

樹木はひっそりと
その身につけた葉をおとしていきます
弱い葉をつけたままでは
厳しい冬を
こえることができないからです

人は
そこに
あきらめるという所作を
学ぶことができます
あきらめて、なお
進むという生き方を学ぶのです


ただし
国家はそうあってはなりません
もしそうしなければ
国家が冬をこせないのであれば
どうぞわたしから殺してください
しずかに
闇にほうむるように
精神を病んだ、詩人かぶれ
社会的価値など
これっぽっちもないおとこです
ひとふりでパサリと落とせませう

さあ



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

もしも、そうしなければ国家が生き残れないのだというのならば
私も殺してもらわねばなりません

偕誠さんにはちゃんと職も家族もある
私には何もないですから
出口の見えない途の真ん中で
どこへ行けばいいのかわからず
ただ立ちすくんでいるだけの
たわけた人間ですから

それにしても、落ち葉の多い季節になりましたね

陽炎さん

コメントありがとう。


> もしも、そうしなければ国家が生き残れないのだというのならば
> 私も殺してもらわねばなりません
> 偕誠さんにはちゃんと職も家族もある
> 私には何もないですから
> 出口の見えない途の真ん中で
> どこへ行けばいいのかわからず
> ただ立ちすくんでいるだけの
> たわけた人間ですから

いえいえ、そんなことはないですよ。
そういう人を一人として出すな、とぼくは言いたい。
無理だ、とか、現実的ではない、とか
予算がない、とか聞きたくない。
そうなるようにしたか否か、いまの政治の中心にいる人たちに問いたい。
ぼくらは葉っぱじゃない。


> それにしても、落ち葉の多い季節になりましたね

秋ですね。
もう何度目の秋かしら。
銀杏のにおいは、いつになったら慣れるのかな。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR