1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

現代詩賞11

「文芸思潮 11回 現代詩賞」に
下のみっつの詩が入選したむね、今日通知がありました。


狂人静養日記

何度目の春

負け犬


なにがきっかけだったのか、思い出せませんが
八月に投稿したものです。
詩を投稿したのは初めてだったので
本選に残れただけで、十分な結果となりました。

このみっつの詩を
いまのぼくはもうこの道のはるかうしろに置き去りにしており
前へすすんでいます。
新しい自分の詩にあえることが楽しみです。

今日の通知で
これまでの詩全体がひとつの「まとめ」にはいった気がします。

さて、もう出かけます。
次の詩を探しに。
心のもっと深いところへ。




選考委員の諸先生がた、ありがとうございました。
また来年、お目にかかります。





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

おめでとうございます
すごいですね、よかったですね

本文にも書いてありましたが
最近の偕誠さんの作品には活力みたいなものを感じます
なにか、気持ちに変化が出来たのかな

つらいことはいつもあるけど
こうして前を向いて、一歩一歩
発見していくことが大事なのかもしれないですね

ホント、おめでとうございます

入選おめでとうございます。

 入選されたのですね。
 おめでとうございます。
 評価に挑むことは怖いことです。
 中村汀女さんが俳句をつくるようになってまず耐えねばならなかったのは「評価に曝されること、それを受け止める事」だったと話されたことがありました。
 偕誠さんは進む事を見て、ご自分を評価の前に投げ出す勇気と力があります。羨ましいです。
 これからもそのエネルギーと夢を保ち続けてください。
 何の助けにもなりませんが、いつも応援しています。

陽炎さん

コメントありがとう。


> おめでとうございます
> すごいですね、よかったですね

ありがとうございます^^

> 本文にも書いてありましたが
> 最近の偕誠さんの作品には活力みたいなものを感じます
> なにか、気持ちに変化が出来たのかな

うーん。自分じゃよくわからないんですけどね…
たぶん、新しい職場で落ち着いてきたこととか
関係あるのかもしれませんね。

> つらいことはいつもあるけど
> こうして前を向いて、一歩一歩
> 発見していくことが大事なのかもしれないですね
> ホント、おめでとうございます

ありがとうございます。
ぼくにとって、今回の投稿も
おそらくこの先するかもしれない投稿も
すべて寄り道です。
いくさきは遥か。どんな場所かもわからないけれど
一本道です。
その道中楽しむための、楽しい寄り道なのです。

otosimonoさん

コメントありがとう。


>  入選されたのですね。
>  おめでとうございます。

ありがとうございます^^

>  評価に挑むことは怖いことです。
>  中村汀女さんが俳句をつくるようになってまず耐えねばならなかったのは「評価に曝されること、それを受け止める事」だったと話されたことがありました。

そうですね。
ブログでは、「つまらない」と思った人は素通りが基本なのでしょうから
必然的にコメントをくださるかたは好意的なかたが多いです。
それが楽しみのひとつなのですが
「評価」とは全く違うんですよね、きっと。
詩と評価について、このところずっと考えています。

>  偕誠さんは進む事を見て、ご自分を評価の前に投げ出す勇気と力があります。羨ましいです。
>  これからもそのエネルギーと夢を保ち続けてください。
>  何の助けにもなりませんが、いつも応援しています。

otosimonoさんのことを、ぼくは勝手に先生と思っています。
ですので、そのお言葉だけで、とっても励みになります。
精進いたします。
いつか最高の一詩を、書けるように。

No title

偕誠さん、先生というのはおやめください。
そんな大したものでありません。本当に取るに足りない僕自身なのです。
ですから「友達」というのではどうでしょう。
実際には一度もお会いしたことはないのですが、ペンフレンドと同様の意味合いにおいて。
そのほうが僕は落ち着くのです。
すみません。
そして、いつか一緒に珈琲でも飲みましょう。

otosimonoさん

コメントありがとう。


> 偕誠さん、先生というのはおやめください。
> そんな大したものでありません。本当に取るに足りない僕自身なのです。
> ですから「友達」というのではどうでしょう。
> 実際には一度もお会いしたことはないのですが、ペンフレンドと同様の意味合いにおいて。
> そのほうが僕は落ち着くのです。
> すみません。
> そして、いつか一緒に珈琲でも飲みましょう。

そうですね。
それでは友人として、「こっそり私淑」ということで^^
otosimonoさんは良いお店をたくさん知ってますよね。
いつか神保町あたりで、まったりと語らえたらいいですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR