091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

アレルギー

妻は
人間アレルギー
異次元に住みながら
顔だけを 人間世界につきだしている

扉のすきまから
夜が
侵入してくるのにも似ている
のそり のそりと
顔をのぞかせている

そうしてけなげに
人の声を聞き
こたえをかえしているものだから
ときおり無理が生じて
レストランや電車や
人混みのなかで
額にナイフを突き立てられるような
感覚におちいって困惑している

それは
「なんとかシンドローム」ではない
本人ですら
その違和感を言いあらわせないのだから
妙な医者がでてきて
あるかなきかの病名をこねくりだすまえに
ぼくはそれを
人間アレルギーと名づけたのだ

それは
花粉症やなんかと似ていて
その日 その日
許容量がどうやらきまっていて
それを超えると
からだの違和として影響するのだと ぼくは思う

だから彼女は
異世界に住んでるのだと思う

顔だけがこの世に間借りしている
純粋なその眼だけが
ゆらり
ふらり
宙に浮いている




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR