0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

煙草

煙草を買い忘れてしまった
いまから買いにいくのも面倒だ
そんなときぼくは
二階にあるぼくの机の引き出しをまさぐって
普段とはちがう銘柄の煙草をとってくる
これは父ののこした煙草だ
これが最後の一箱だ
父が吸うために買っておいた 最後のひとつだ
ずいぶん前に買ったのだ

来月は
父の三回忌
父が吸うはずだった煙草を吸いながら
父の息子だった時代のことを
なんとなく思い返している

あの人が生きたために
ぼくが生まれた
姉が生まれ
妹が生まれた
そして姉は男児と女児を生んだ
めくるめく
生の連鎖に
みぶるい ひとつ

父の最後の一言を
聞き取ることができなかった息子は
あのときの父の苦しみにゆがんだ顔を
まだ
まだ
鮮明に思い出しては
そのたびに うっ と胸をつまらせている
それは煙草のせいではあるまい






関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

父の思い出・・・
思い出として残ること、素晴らしいです
思い出すだけでも
父は喜んでくれるはずです。

No title

きっとお父さんも、偕誠さんの近くで煙を吸ってることでしょう
そんなふうに思ってもらえるだけでも
きっとお父さんは喜んでいらっしゃると思います

七瀬さん

コメントありがとう。


> 父の思い出・・・
> 思い出として残ること、素晴らしいです
> 思い出すだけでも
> 父は喜んでくれるはずです。

そうだといいですね。
死んでしまった人は、たくさんのことを教えてくれます。
ぼくもそうなれたらいいな、と思うので
今日も真剣勝負を、楽しんで生きます。

陽炎さん

コメントありがとう。


> きっとお父さんも、偕誠さんの近くで煙を吸ってることでしょう
> そんなふうに思ってもらえるだけでも
> きっとお父さんは喜んでいらっしゃると思います

ははは。ぼくのはいた煙を吸い込んでる親父を想像して
笑わせてもらいました。それ、コミカルでいいですね。
彼は公務員だったのでひげを毎朝剃っていました。
退職したらひげをたくわえるんだ、とよく言っていたのを思い出しました。
風呂場の鏡に映った、ひげつらを見て。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR