091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

盗んだ

地球の背骨をひっこぬいてしまった
なんてことだ
もう自立もできないかもしれない

ぼくは自分が背骨泥棒だと
露見するのがたまらなくおそろしく
盗んだそれをあわててベッドの下に
隠したのだけれど
夜ごと それのきしむ音が
ぼくの神経をすっかりとがらせ
摩耗させてしまったぢゃないか

背骨をうしないぶよぶよになってしまった
この地球はまるで
空気の半分もないゴムボールのようで
ぶよぶよ ぶかぶか
不安定で歩きづらい

誰かかわりの背骨をくれないかしら






関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

地球の背骨っていうのが詩的ですね
なんだろう、生命線みたいなものでしょうかね
木とか、根っことか、そういうものを想像してしまいます

No title

地球の背骨というのは
自然環境だと思いました。
盗んだのは、誠さんだけではなく
人間です。みんなの責任です。
そんなふうに考えました。

地球はどうなるのでしょうか?
少しでも回復してくれたらいいんだけどね。。。

陽炎さん

コメントありがとう。

> 地球の背骨っていうのが詩的ですね
> なんだろう、生命線みたいなものでしょうかね
> 木とか、根っことか、そういうものを想像してしまいます

大木の根っこが地球の芯までのびている
そんなイメージも楽しいです。植木屋だしw

七瀬さん

コメントありがとう。

> 地球の背骨というのは
> 自然環境だと思いました。
> 盗んだのは、誠さんだけではなく
> 人間です。みんなの責任です。
> そんなふうに考えました。

ぼくもそう思います。
きっとそんなつもりで書いたのだと思います。

> 地球はどうなるのでしょうか?
> 少しでも回復してくれたらいいんだけどね。。。

ぼくらに何ができるか、考えてみるのもいいですね。
身近なところから・・・。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR