0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

日記6-7

仕事復帰、1週間が終わった。
昨夜は復活祝いにひさしぶりのビールを飲んだ。
格別の味がした。

青空のした
やけつく陽の針
雨のふきつけるなか
なつかしい仕事にもどった。
なまった体も元にもどってきた。
社長もぼくが会社にもどったことを
喜んでくれている。
まあ、なんとか楽しくやっている。

昼休みには芝生や草むらのうえに寝転んで
空をみたり、煙草をくゆらせたり
あらゆる音階を駆使する鳥のさえずりに
ああ音楽の源流ってこんなところか、とかなんとか思ったり
20羽ほどの鳩にかこまれてうたた寝したり
詩を書いたりして過ごしてる。
汗と煤煙と陽光のなかに光る宝物のような時間がこれ。

病気のほうもいまは静かにしてくれている。
顔色も良くなったと思う。

以前は、こうなったらこれを一生キープしようと考えた。
今はそれを無理なことだと思っている。
あきらめたわけじゃない。
仕方がないことだと観念しただけだ。
また鬱はくる。必ずといってもいいとおもう。
大きな躁がくるよりはよっぽどいいが
ぼくのいまの薬は躁をうまくふせげているが
鬱はふせぎようがない。
ならば、そうなったときの備えをどこまでできるか
というのが肝心なんだ。

明日死んでもいいように遺言を書いておこう。
そう思いながらもう数か月・・・
この数か月がダメなんだ。
生きているからいいけれど、その数か月が問題なんだ。
明日、突然おおきな鬱がくるかもしれない。
備えはできているか?
それを日々の生活の中で問い続けることが
ぼくの闘病のひとつの側面なのだと思う。

普通じゃない人生はきつい。
わかってもらえないことだらけだ。
でもそんなのにはもうなれたし
ぼくには表現するという手段があるから、なんてことない。
万人に理解されなくてもそのうちのひとりが
わかるよ、といってくれれば十分だからだ。
普通じゃない人生は、おもしろくもある。
いまは、そう思える。
ながいトンネルをやっとぬけた。
次のトンネルにいつ入るかはわからないけれど
そんな心配ばかりするのではなく
いまはこの明るさを精一杯楽しみたい。





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

読んでいて、こっちが元気をもらえたような気がしました

以前ある人に、病気とケンカしても仕方がない
仲良くなることからはじめたほうがいい
そんなことを云われたことがあります

病気を否定したところで、治るものじゃないし
だったら、どうやって付き合っていくか考えたほうが
きっとずっと生きやすくなる、そう思いながら
私も日々、対処法を考えながら暮らしています

それにしても、空の下で寝転んで
生きてることを感じられるのって
気持ちいいだろうなあ^^

陽炎さん

コメントありがとう

> 読んでいて、こっちが元気をもらえたような気がしました

あら、ほんとですか。それはうれしいです^^

> 以前ある人に、病気とケンカしても仕方がない
> 仲良くなることからはじめたほうがいい
> そんなことを云われたことがあります
> 病気を否定したところで、治るものじゃないし
> だったら、どうやって付き合っていくか考えたほうが
> きっとずっと生きやすくなる、そう思いながら
> 私も日々、対処法を考えながら暮らしています

ぼくは徹底的に、とことん、大喧嘩しました。
それで結局「相討ち」のような形でおわり、
いまはなんか、戦友のような、腐れ縁の幼馴染のような
微妙な関係をキープしています。
いつ牙剥くかわからない友人といつも一緒という
スリリングな関係ですw

> それにしても、空の下で寝転んで
> 生きてることを感じられるのって
> 気持ちいいだろうなあ^^

気持ちいいですよ。
職種にたいするこだわりは一切なくなったけど
植木屋ばかりやりたがるのはそのせいです。
緑と、土と、風と、太陽が、あふれんばかりにあるからです。
そういう中にいると、自分を許せる気がするんです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR