0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

聞くのならぜんぶ聞け

ぼくの病気のことを
ネホリハホリ 不必要に
まるで尋問のように
聞いてくる人が目の前にいるとき
ぼくのあたまには大きな大きな疑問符がおどる



あなたは正常なのですね
あなたは何が聞きたいのでせう
何が聞きたいのか
ぼくはそれを知っています

好奇心だけで人のこころを
どこまでのぞけるか試してみますか
でも
入口あたりでもう満足
すぐに勝手な結論をつけて
注釈くわえなすって ほら嘆息
ぼくのための嘆息とおっしゃるけれど
それあなたの身勝手なむりやりの解決

そんな場面にもうなんど
うまれてこのかたもうなんど
そしてこのさきいったいなんど
立ち会わなければいけないのです
愛想笑いももうよしませう

聞きたきゃ聞いてくだすっていいんですよ
でも答えはいっしょでしょうね
ぼくがどう答えるか関係ないんです
あなたのその眼鏡のいろが
もう答えを仮定している
あなた独自の処方箋を書きたいンです
独自と思うンならあなたのエゴ
ぼくには「何度も繰り返した茶番」

言いたいことおっしゃって
スっとするあなたの顔をみて
透明な中指つきたてるぼくを
想像できないほどにあなたは健康でしょう
あなたがあなたの健康を確かめて 誇るために
ぼくは病人でゐるのぢゃない

「働かないトネ」
そうですね
笑ってしまいます
働きたくとも仕事がない
病気というと門前払い
もちろんメンドウな注釈つきで
そんなご経験ないのでしょう
だから簡単におっしゃるのです

自分だけがオヤ変だ
まわりとどこか違います
ナンダコレこの違和感なんでせう
ねえみなさん なんで満足できるのです
ぼくはひとり
ちがうものを見ているのですか

なんで怒らずにいれるのですか
なんで悲しくならないのですか
なんでそんなに冷静でいられるのですか
コントロールできない感情に
みずからを焼け焦がしたことはないのですか

夜中にベランダで煙草をプカリ
ふかしながら死にたくてひとりで泣くンです
こどもの頃 夏の青いプールでプカリ
水死体のまねしてひとり浮かぶンです
まわりのみんなのかきたてる波が
否応なしに右に左にぼくをゆさぶるンです
そしてそのままどうやら沈んでいくンです
もう浮かび上がっていかなくてもよいと
ざらざら 痛い プールの底で
ぼくはやっとひとりニコリと笑うンです

知らないのでしょう そんな世界
ここはあなたがたの世界ですもの
ぼくにはあまりにも生きづらい
それを聞くのなら最後まで聞け







関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

健康ってなんだろうってふうに思います
こんなふうに根ほり葉ほりききほじくって
勝手な解釈で判断されて

この人に一体、何がわかるというのか
と云いたくなりますね

また、きっとこの人は
自分のことをとても親切で慈悲深い人間とでも思って疑わないのでしょう

触りだけ聞いて、あとはどこかで聞きかじったことを
自分の知識のようにひけらかす

一番やっかいな性質の人じゃないかと思います

なんて、こんなことを云う私も
決めつけてしまっているのかもしれませんが(^^;

No title

そうですね・・・
疑問に思ってること
すごく真剣に文章にできてると思います。
読みながら何度も
そうだそうだってつぶやきました。

人と違うこと、つらいです。
私は自分をさらけだすのが怖いです
嫌われるのが怖いから
病気のことを聞かれると
戸惑います。

でも、結局は
誠さんの記事のようになるのです。

みんな、分かり合える日がきたらいいのにね。

陽炎さん

コメントありがとう

> 健康ってなんだろうってふうに思います
> こんなふうに根ほり葉ほりききほじくって
> 勝手な解釈で判断されて
> この人に一体、何がわかるというのか
> と云いたくなりますね

たぶん、病名以上のことはわかりえないし
病名から想像するすがたは実態とかけはなれてるでしょうね。
それが察せられるから、そういう人には話したくないです。
話すのにも力を使いますから。

> また、きっとこの人は
> 自分のことをとても親切で慈悲深い人間とでも思って疑わないのでしょう
> 触りだけ聞いて、あとはどこかで聞きかじったことを
> 自分の知識のようにひけらかす
> 一番やっかいな性質の人じゃないかと思います

まあ「巷の主婦」ですから、その辺は最強ですよね(笑)
その人に悪気はないんです。好奇心が強いだけで。
ただ、そんな簡単に触れられるもんじゃねぇんだぞって。
天気の話するような軽さで聞いてこないでって、思ったんです。

> なんて、こんなことを云う私も
> 決めつけてしまっているのかもしれませんが(^^;

ぼくも同じでしょうね。
人の慈悲を、好奇心と一蹴してしまってる。
でも、わかるんです。
好奇心だけで聞いてるってことが。
ぼくは生れてこのかたずっとその目にさらされてきたんだから。
うまく言えませんが・・・。

光里さん

コメントありがとう

> そうですね・・・
> 疑問に思ってること
> すごく真剣に文章にできてると思います。
> 読みながら何度も
> そうだそうだってつぶやきました。

共感してもらえたのならうれしいです。
ほんとはもっと感情むきだしで書いたのですが
珍しくちょっと直しました。向こうに悪気はないのですから。

> 人と違うこと、つらいです。
> 私は自分をさらけだすのが怖いです
> 嫌われるのが怖いから
> 病気のことを聞かれると
> 戸惑います。

ぼくもそう、怖いです。
でもぼくは隠せない性分だし、
傷ついてもここに吐き出せるから
みんな聞いてくれるし、コメントもくれるから
外の世界で赤裸々になれるんです。
光里さんありがとう。みんなありがとう。

> でも、結局は
> 誠さんの記事のようになるのです。
> みんな、分かり合える日がきたらいいのにね。

それが一番です。
それをあきらめたくないです。
今日より明日、世界はもっとよくなると
信じるしかないです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR