0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

亡霊

すなぼこりたてて
むこうの赤茶けた地平線のはてから
どう どう とやってくる
わたしの不安

そこいらぢゅうに
くすんだロープが吊りさがり
先端の輪っかがわらいながら誘惑する
わたしの亡霊

網膜を焦がし
肺を焼き
のどをつぶす
わたしの怒り

こぶしをふりあげても
うちおろす場所のない
この
無様な怒り

周囲に絶えずあった足音が
いつのまにかまったく消え去り
そこではたと気づいた
わたしの孤独


詩はすべて
わたしの亡霊
書いても
書いても
きりがない
実体のないわたし
書いてく
そばから
消えていく

どこへゆくのだらう





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR