061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

共食い

ごちそうさまを言わないと
親にたたかれたものだ

おいしいとんかつを
たべるとき
豚の死を忘れていないか

おいしい煮つけを
たべるとき
魚の死を忘れていないか

人が生きていくために
必要とする
莫大な量の


人類はその歴史上
もっとも多くの
同胞をくってきた
おそろしい生きものであることを
忘れてはいないか

今朝はトーストを焼いて食べた
ぼくもいつかこんがり焼ける
その日がくる
君にしろい骨だけをのこす
今朝はトーストを焼いて食べた


この朝の薄暗い部屋で
光る液晶
稼働するパソコン
この電気のために
原発が食い散らかした
あの
無数の死を
もう忘れてしまってはいないか

ぼくの無責任は
ぼくの怠惰は
無数の死のうえで
あまりにも滑稽に生きている


ごちそうさまを言わない子は
ひっぱたくしかないのだ





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR