1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

くもりぞら

いまにも雨が降りだしそうな今日の空の色は
ひとりで下校するかぎっ子のこころの色によく似てる
それはとおい時間をあるくわたし
それはとおい記憶のなかの誰か

傘ふりまわして紫陽花の花を散らかす
身構える野良猫にとっさの戦慄
まるで鏡みたように こちらも背筋を凍らせる
みんなより少しだけ早くかえる 通学路

栗の花のにおいがたちこめている
ランドセルは変にかるい
下敷きにされたふたつの肩甲骨には
おし潰されたつばさがある

まだ誰にも似ていなかったわたし
まだなにものとも繋がらない栗の花
まだ何も知らなかった午後の空
まだ雨も降りださない午後の空





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR