FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

父との約束

兄であり、先生であり、

保護者であり、親友であり、

目標であり、規範であり、

良心であり、最大のライバルだった。


母を頼むと言われた。

母も、姉も、妹も、泣いていた。

だからぼくは、涙をこらえて

父との約束を果たした。

一日、

頭は冷静だった。


涙はなんども、目のふちぎりぎりまでみちたが

それをこぼすことは、一度もなかった。

帰ってきて、

どっと疲れがでた。

30分ほど眠った。

おきたとき、ぜんぶ夢だったのではないかと

淡い期待がうまれた、が、すぐに霧消した。


父だった何かは

父の肉体を離れた。

体温は、触れるたびに下がっていった。

父は一体どこへいってしまったのか。


今日は何も考えない。


これから、父の家族をぼくが守って行くのだ。

今日ははやく休め。




かんがえなくていい。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re

鍵コメ様

あたたかい励ましの言葉ありがとうございます。

話題が話題なので、ね。
コメントはなくても、読んでくれてるひとがいると思うと
安心してかけます。
ありがとう。

NoTitle

愛は形なんて無いから

形のあるものが目の前から無くなってしまっても
確かなものとして永遠の輝きとして残るから

ずっと、ずっと、一緒だよ。
哀しくなんてないよ。

これからも大切な人と共に歩いて
ときどき話しかけて

今までと何も変わらないよ
タダ、ほんの少しだけ遠距離になってしまっただけ

心の手紙はまだ届きますよ

NoTitle


ゆっくり休んでください

お父さんが亡くなるまでの時間は

家族との温もりを与えてくれた、お父さんの最後の贈り物です

Re

Neroさん、こんばんは!

あたたかいコメントありがとう!


> これからも大切な人と共に歩いて
> ときどき話しかけて

そうですね。
もういちど話したかったという悔いは、
いましばらく残りそうですが、
今日すこし手ごたえを感じました。

こころのなかにいるのだなあと
実感できたのです。

ぼちぼち、まいります。
焦らず。

コメントが力になります。
どうもありがとう(^人^)

Re

Shin36aさん、こんばんは!


> ゆっくり休んでください

はい!いまは全身全霊、やすんでいます。

> お父さんが亡くなるまでの時間は
> 家族との温もりを与えてくれた、お父さんの最後の贈り物です

贈り物。ほんとうにそうですね。
しっかり受け止めて、生きていきます。

あたたかいコメントに勇気をいただきました。
ありがとうございます。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR