041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

12-2

いやあ、久しぶりにここに帰ってきました。
パソコンまわりの環境がすこし変わったので
細かいことする時間のないなかちょっと遠ざかってしまいました。

仕事は忙しく、
病気との折り合いもまずまず。

この時期はいつも体調をくずすのだけれど
今年はいまのところ平気のよう。
風邪とかではなく、感情のバランスを崩すということ。
うつになることが多い。
たぶん、日照時間と関係があるのだと思う。
日照の時間が減っても、
外にいる時間がながいから、
オフィスでお勤めしていたときより
調子がいいのかなあ。
とか、考えたりする。

一方で、
この頃はいつも「死」を考えている。
希死念慮ではなく、
ただ、死を眺めている。
死にたいとか、死にたくないとか
どう死にたいとか、もういやだとか
死ぬのが怖いとか、
そういうのじゃなくって、
ただ、ながめている感じ。

草に露。
月にむらくも、花に嵐。
ただそういうふうに
風がふくように、ごく自然に
死を思い、
そうして癒されているのだと思う。

この辛苦は、死ぬまでの我慢。
この恥辱は、死ぬまでの我慢。
この貧乏は、死ぬまでの我慢。
この労役は、死ぬまでの我慢。
この憤怒は、死ぬまでの我慢。
あのいやな人との付き合いも、死ぬまでの我慢。

この音楽も、この風景も
この友人も、この家族も
この仕事も、この遊びも
この歓喜も、この歓楽も
死ぬまでの、
死ぬまでだけの、宝物。

死ぬから、許せる。
死ななきゃ、こりゃ、しんどいデス。

だからぼくは死ぬまで歌をうたい、
ウクレレをかきならし、
言葉あそびをし、
働き、笑い、呑み騒ぐのだ。

恨んだり、悔んだり、ねたんだり、
怒ったり、ふさぎこんだり
するだろうさ。
でも、すぐ思い出すんだ。
永遠ほどながく感じられるこの一生の
そのはかなさを、思い出すんだ。
そしてそのはかなさを抱きしめるように
あらゆる自分を抱きしめるんだ。


そんなこと思ってる日々。


師走。
冬季剪定の時期にはいったので
毎日木登りして、枝をパチンパチン切っている。
今日からブログ再開。
できれば今までのように、
毎日更新したいけど、どうなりますやら。

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

>死ぬから、許せる。
>死ななきゃ、こりゃ、しんどいデス。

まさにそうだと思いマス。
百年後、否、50年後にだってもしかしたら、
自分も知り合いもこの世にいないかもしれない。
そう思った瞬間から、
全てが愛しく思えるようになり、
大抵のことは許せるようになりますね。

死が日常的に傍にあり
死を常に受け容れて生きると
とても情熱的にそして優しく生きようと
思えるようになれる気がします。

>あのいやな人との付き合いも、死ぬまでの我慢。

死について思うとき、
あのいやな人にも死とその恐怖があり、
生に対する恐怖や苦悩もあるのだろうなぁ・・・
と、自分の事のように感じる事で、
嫌な感情に支配されず苦手な人の良いところも
苦手なところと同じように見つけることに繋がって、
その分くらいは相手の魅力や優しさも悲しみも、
認めてあげられる気がします。



KATSUMAさん

コメントありがとう。


> 死が日常的に傍にあり
> 死を常に受け容れて生きると
> とても情熱的にそして優しく生きようと
> 思えるようになれる気がします。

ほんとですよね。
じゃあそれをいまわの際にも言えるのか
なんてよく人に突っ込まれるけど
平時にそういえない人は、臨終のときも言えないでしょうから
これでいいのだろうと思います。

> その分くらいは相手の魅力や優しさも悲しみも、
> 認めてあげられる気がします。

マラソンにゴールがなかったら
きっと地獄のような苦しみが続くと思うんです。
終わりがあるから頑張れるし
しっかり生きようと思うし
人ともよく付き合おうと思えるのですかね。
そんな最近の自分が、実は結構気に入ってますw

NoTitle

>平時にそういえない人は、
>臨終のときも言えないでしょから
>これでいいのだろうと思います。

うんうん、と大きく頷いて読んでしまいましたw
大変なときに返信頂けるだけで幸せですけれども、
コメント欄にも拍手ボタンついてたらなぁ・・・
とか、思ってしまいましたw

素敵なコメントいつもありがとう。
心身ともにご自愛ください。

KATSUMAさん2

コメントありがとー!

> うんうん、と大きく頷いて読んでしまいましたw
> 大変なときに返信頂けるだけで幸せですけれども、
> コメント欄にも拍手ボタンついてたらなぁ・・・
> とか、思ってしまいましたw

もったいないお言葉・・・。
つか、コメント欄に拍手?そんな機能があったのね。
探してみますー(^_-)-☆

> 素敵なコメントいつもありがとう。
> 心身ともにご自愛ください。

こちらこそ、いつもありがとう。
羯磨さんのコメントが励みになります。

…クセでいつもかならずNeroさんて書いちゃう( ゚Д゚)タハハ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。