0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

カニバル



へんてこな駅に降りる夜
月ふたつ青い犬吠える
まぐろをひきずる農夫の目が変だよ

赤いべべきた娘さんは
背中にセミおんぶしている
ジュースの販売機もケラケラ笑ってるよ

森の中は静かに揺れる
ひとつ目ふた首みつ足小僧
土から顔出すとんがり頭
ラララ ラララ愉快に踊る
誰もが片輪の奇妙な一夜
忘れ去られた奇形の至福
デキソコナイの王様ダレダ!
ラララ ラララ僕らのカニバル

僕ガムのように皮膚伸ばし
ヘンナカタチニナリコロガル
どこまでが僕だかわかんなくなっちゃうんだよ

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR