FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

こどもたちの服

家の隅の古いタンス

抽斗(ひきだし)の中には

もう着られなくなった

こどもたちの服が

おしくらまんじゅう

ダンスしている

2歳のころのちいちゃな服が

6歳のころのぼろぼろ、すりへった服が

14歳のころのおませな服が

19歳のころの細身の服が

24歳のころのブランドスーツが

29歳のころの泥だらけの作業服が


家の隅の古いタンスの抽斗の中には

明日着る服は

はいっていない


「過去のどの抽斗のなかにも

ぼくの未来は存在しない」

そっとつぶやき

走る電車の中で

まわりの人の服を見ている


こんな当たり前のことなのに

気づいたのは30歳

やっと気づいた

過去のすべての成功、栄誉に飾られた服たちは

地に落ちて焼け焦げた

あとかたもなく焼けてった

いささかの感傷もそこに存せず

ただ、しきりに首肯する


常々、くちに出していながら

決して行われることのなかった生き方が

今を生きるという生き方が

ぼくを希求している

ぼくは人生に試されていた

それも終わった

ぼくはいま、人生から求められている


頭の芯に火が降りてきて

全身にインパルス

駆けめぐる


ただ無情に美しく

ただいたずらにデュオニソス的で

ただひたすらに蠱惑的な

過去という

こどもたちの服を

タンスの奥へ押しやって

弾かれるたまのように

走りだす


あの頃にもどれたら

人生をやりなおせたら

そういってまさぐる過去の抽斗には

ぼくの求めるものの

カケラとてなかったから

それにようやく気づいたから

あるのは着古した

こどもたちの服だったから




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。