0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

夜の息子

タナトス

夜が産んだ子

眠りの兄弟

鉄の心臓


斜めにさす陽光に

風におどるカーテンに

青々しげる芝山に

規則正しい電車のリズムに


君の横顔を幻視する

タナトス

君は眠りのとなり

夜の館にすんでいる


ときどきぼくの

すぐうしろまでやってきて

この太い首筋に手をそえて

髪をひとつかみして笑う

引きつる喉をなんとか操り

「いつだって、いいんだぜ」

絞り出すようにぼくは言う

これまで、何度も、そう、何度も!

苦虫噛みつぶした顔で、なんとかほほえむぼくを

君は大いに嘲笑して去る

君は大いに嘲笑して去る!




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR