0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

3-22

昨夜、三時半に目がさめた。

思考が氾濫して、寝床でじっと、

朝までじっとしていた。

朝日がでて、妻ちゃんが起きはじめたころ

やっと眠った。


尿糖の検査紙をときどき使う。

父が糖尿で、叔父にもいて

つまり家系で

ぼく自身も、数年ずっと変わらなかった体重が

この半年で15kg近く増え

(抗精神病薬のせい、と、療養中の運動不足がたたった)

糖尿病に対する恐怖は、いま、きわまっている。

今日、検査紙が、はじめて変色した。

それでもまだ

「尿糖はほとんど検出されませんでした」

という範囲内なのだけれど

家系だし、セロクエルを飲んでいる以上

楽観視をしたくてもできない。

実際父は30代で罹患したのだし

ぼくもこの不摂生がたたって

進行しているとも限らないじゃないか。

「サイレントキラー」

この恐ろしい暗殺者。

自覚症状もなく、蝕んでいく。

たまらねえ…。


本格的に減量することと

食事制限を考える。

週明け、糖尿外来にもいってみよう。

これは母のアドバイス。

行って損はしないしね。


何も片付かぬうちに、次の問題がやってくる。

誰かが言った。

人生の書類箱は決してカラにならない。

全部かたづいた、なんてときは来ないのだろう。

死ぬまで。

別にいいさ。

それだけのことさ。




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

糖尿病、心配ですね
検査にいってください
早く、安心した報告を聞きたいです。

精神病の薬
体重が増えるのも多いですね
副作用で糖尿病っていうのもありますね
仕方ないことかもしれないけど
副作用のない薬は作れないのかな?
いつも思います。

健康管理
気をつけましょう。お互いに。

Re

ころなさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

> 早く、安心した報告を聞きたいです。

ありがとう> <
ちょっとビビってますけど
早めに検査に行きます。

> 精神病の薬
> 体重が増えるのも多いですね
> 副作用で糖尿病っていうのもありますね
> 仕方ないことかもしれないけど
> 副作用のない薬は作れないのかな?
> いつも思います。

薬は毒だってことですよね。
薬をのんで
その副作用をおさえる薬をのんで
その副作用をおさえる薬をまたのんで
胃薬をのんで、便秘薬をのんで…
薬をのむこと、つらくなるときがあります。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR