061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

2-21

今日は通院。早起き大成功。

妻ちゃんを見送って、家事をできるだけ済ませて出発。

9:30に出て、寄り道なし、帰宅は14:30

3週間分の薬。

ハローワークに出す「主治医の意見書」なるもの、

書いてもらうだけ、¥5,250なり。

これを高いというか、安いというか…。

月に二回の通院だけど、この「身動きとれない5時間」は

読書には最適。借りてきた本を読む。

異常とは何か (講談社現代新書)異常とは何か (講談社現代新書)
(2010/04/16)
小俣 和一郎

商品詳細を見る


異常とは何かを考えると、かならず

正常とは何かを考えることになる。それは同じ。

著者の小俣さんは、精神科医だが、世界史と語源が好きらしい。

その方向から、正常とはという問題に攻めこんでいく。

おっしゃる内容はもっともだけど、やや迂遠…。

こういう「身動きとれない時間」だから読めたかも。


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
たとえば、

キリスト教も最初は異端だったし迫害されていた。

「異常」だったわけですね。

でも、多数派にとってかわったとき

今度はキリスト教側からの迫害がはじまった。

異端尋問、魔女狩りですね。

その対象になったのはほとんど女性。

ここでも英語のwitch(魔女)は、wicca=賢女だったとか

すぐ語源がでてくる。ぼくも語源は好きだけど…

ほんと頻繁に出てくるw

でもその同じような時代背景のなかで

教皇権、皇帝権にならんで「都市権」なるものがうまれ

職業分化したなかで、能力の欠けたものを

都市から外へ追い出すということもあったんですって。

ヒエロニムス・ボッシュの「阿呆船」はそれを描いてるらしい。

moblog_15e6f148.jpg

それはいまの社会まで受け継がれているね。

「使えないやつはいらない、負担だ、邪魔だ」ってね。


『宗教的迷信と(中略)科学的思考とが奇妙に同居していた時代でもあった』

ノストラダムスとダ・ヴィンチの存在が、その時代の対極を表しているという…


こんな調子で、ふわふわ読んでいく。

臨床的なものと期待していたのが、ちょっとがっかり…。

一章ではまるまる、世界史と語源の繰り返し。

二章から、すこしおもしろくなったけど

現代の精神医学のちょっと無茶な面とか

製薬会社の思惑と、厚生労働省のやりくちだとか。

自殺対策基本法の意味あんのか?とか。

一般医がうつの診断をくだすことで

「うつ」の幅が変に広がってるんじゃない?とかいうもので

新しい気づきへのヒントは、ちょっとなかったなあ…。


三章以降、期待してもうちょっと読んでみます。



それより、いま妻ちゃんから聞いた事件。

里親になりすまして5匹もの猫を虐待してた男がいるって。

壁に叩きつけたり、川に流したり。

60万の損害賠償って、罪に対してあまりにも罰弱くないですか??

それはぼくが猫好きだからかなあ?

法律上、「物」扱いだと聞いたことあります。

これが「異常」になる日がくるといいな。

人権を尊重するなら、同じ理由で猫権も尊重してほしい…



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

 面白そうな本ですね。
 時間があったら読みたいなぁ。

 うつのくせに時間が足りない私って・・・。
 もっとも、うつのせいで効率が悪いという
言い訳もあるわけで。

 いろんなことが一段落したら、買って
みようかな。


 ペットへの虐待は「器物破損」になる
そうですね。
 捕鯨船を追いかけているヒマがあったら、
もっと身近なことから始めたらいいのに。

 良心的な愛護団体の活躍に期待したい
ところですね。
 目立たなくても地道な活動をしている
方々も多いでしょうから。

 て、他人事みたいなこと言ってちゃ
ダメですよね。

 半覚斎 拝

Re

半覚斎さん、こんにちはー。
コメントありがとう。

>  面白そうな本ですね。
>  時間があったら読みたいなぁ。

冗長な書き方ですので、ほんと時間あるときにオススメですw

>  捕鯨船を追いかけているヒマがあったら、

たしかに、ありゃ、海賊ですよね。

>  目立たなくても地道な活動をしている
> 方々も多いでしょうから。

そうですね。そういうひとは多いです。
ただ個人だと限界が早いです。
ぼくもNPOに所属しようかなあ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR