0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

ぐちです。

日暮里の駅で、いやなことを見てしまった。

それから、帰ってきて、横になるまで

その不快感は持続した。ので、吐き出す。


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村



ぼくは妻ちゃんと一緒に山手線から京成線にのりかえるところだった。

山手線なんて京成線にくらべれば、本数が多いから、一本逃してもすぐに次がくる。

でも、みんな急いでいる。

乗り換えのための階段をのぼりきったころ、怒号が聞こえた。

ものすごく大きな声。

「はやくしないと電車いっちゃうよ!!!」

びっくりして声のするほうを見る。

30代後半くらいの女性が鬼の形相で睨んでいる。

肝っ玉母さんが、ふざけてる子供でも叱ってるのかな、と視線を追う。

睨んでいる先には、三歳くらいのたぶん女の子。

よちよち、一所懸命あるいてる。

どう見ても、それがその子の全速力。

脇目もふらずに懸命に歩いてる。

おそらく、「電車」すらわからないんじゃないか?

母親はずっと先で睨んでる。

事情は知らない。人の生き方にとやかく言うつもりも毛頭ない。

けど、激昂した。

それはお前の「感情」を、

無抵抗なおさない子供に対して、

吐き出しているだけじゃないのか?

ぼくら夫婦のすこし前を歩いていたおばあちゃんが

その母親にすれ違いざま言った。

「一所懸命歩いてるわよ、かわいいじゃない」

それに対して母親は、表情をぴくりとも変えずに

「…あんまりかわいくない」

とだけ言った。

はらわたが、煮えくりかえった。

おばあちゃんは

「まあ、ママさん、だめよ…」

と言い残して去った。

どんな事情があるか知らない。

そういう教育方針なのか?

あの懸命に歩いてる子より、もっと大きいよその子が

ベビーカーに乗っているのに。

そうやって鍛えて、強靭な人格を形成しようというのか?

あるいは、アスリートにでもしようと?

怒鳴ったら娘ははやく歩けるのか?

逃した電車はそれほど重大だったのか?

みずしらずのおばあちゃんに「だめよ」と言われて

お前は何がしかの見返りを得たのか?

それともお前のSOSか?

この子を育てることができないと?

じゃあ、なぜ、ひとの手を借りない?

施設はあるし、里親もいる。

葛藤、苦悩、わかる。お前だけが悪いのじゃない。

でも、子供はもっと、悪くない。


その子はなんとか、母親のもとへたどり着いた。

乗りたかった電車が行ってしまった、とまた怒鳴る。

その子は顔色ひとつかえず、しかし怯える素振りをする。

ため息をついて、母親は山手線ホームへの下り階段をさっさとおりて行く。

事情は知らない。

なにも言うべきではない。

本当にそうだったろうか。

妻ちゃんに制止されつつすすむ。

その子はぼくの視界から消えた。

懸命に階段を降りようとしているのか?

大人だってエスカレーターを使いたがる階段を?

怒り心頭。

でも、ぼくは事情を知らない。第三者だ。

「おかあさん、機嫌がわるかったのかな」

と妻ちゃんがぼくをなだめる。

ぼくだってそうあってほしいと思う。

でも、あの子は無表情で懸命に歩いてた。

あれは、それが常態ってことなんじゃないか?

と妻ちゃんに問う。

いや、自分に問うたのだ。


NEWSで、ぼくが一番聞きたくないのが、児童虐待の事件だ。

虐待は、場合によっては、親もかわいそうな被害者だということはわかる。

そういうケースがあること、頭ではわかるけど、感情がそれを肯んじない。

本当にぼくは、そこでなにもいう権利がなかったんだろうか。

昔、コンビニでバイトしてるとき、深夜、店の前で

小学校低学年ほどの男の子のはらのうえに馬乗りになって

泣きっつらに往復ビンタしている母親を見た。

静かな夜に、子供の悲鳴が、切り裂くように胸に響いた。

ぼくはすぐに駆けつけて止めようとした。

躾には、躾のやりかたと、限度がある!

同僚が走ってきてぼくを連れて強引に戻る。

「ああいうのは、第三者が口出ししちゃいけないんだよ」

と叱られた。はあ?なんだそりゃ?!納得いくか!





そんなことも思い出しながら、イライラ、帰宅した。


第三者が口出ししなかったから、死んでしまった子も

もしかしたらいるんじゃないか。

なんの事情も知らない第三者が

幼い命を暴力から守るためにはどうしたらいい?


やっぱり、ぼくのやるべきことは、決まっているのだ。

必ず、夢を掴む。

たくさんの子供が、さしのべられるべき手を待っている。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

元虐待を受けて殺されかけていた子供として、
・・・いんや違うな。

今でもその傷を拭い去れぬまま大人になり、
大人の外見が邪魔をして甘える事も許されず、

大人の外見と子供のままの心のギャップに悩み、
苦悩している一人の「子供」として、

その三歳児くらいの子の代わりに
あなたにお礼を言いたい。

私が虐待されてたときも
先生も近所の人も助けてくれなかった。

気付かないなら仕方がないと思った、
だけど助けてくれと相談したときでさえも、

自分は面倒に巻き込まれたくないからと見ぬふりをする、
それが本当に心から憎かった。

小さい子供が必死で助けを求めているのに、
大人は保身に徹するという事が。

手を差し伸べよう、
何とか助けようとしてくれる人がいてくれることに感謝です。

それだけで私の中の辛い思い出は、
だいぶ昇華されるから。

私も虐待された経験者として弱い者を守りたい。
子供の心のまま時が止まってしまった大人も含めて。

ああ、なんだか涙が・・・(ノД`)

Re

Neroさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

Neroさんが読むときのことを考えて
だいぶ迷いましたが、思うまま書きました。
受け止めてくださったようで、ホットしました。

> 大人の外見と子供のままの心のギャップに悩み、
> 苦悩している一人の「子供」として

うう。…そうなんですよね。
被害者のかたの心中を思うとつらくなります。

ぼくは今日、結局、見て怒っただけです。
それが非常に、悔しい!
いまのぼくでも、なにかできることからはじめてみようと、思いました。

> 私も虐待された経験者として弱い者を守りたい。
> 子供の心のまま時が止まってしまった大人も含めて。

じっくり、やっていきましょうね。
かならず、誰かのためになるように。
ぼくらはぼくらの剣を磨かなくては、ですね。

NoTitle

3歳は「電車」知ってますよ。
そんな話じゃないですね。
私なら抱いて走るか、のんびり次の電車を待ちます。

でも毎日接してたら、こどもが可愛く思えないときってあります。
優しそうなお母さんだって、怒鳴り散らした経験の1回や2回、イヤ10回や20回は、ありますよ。
まぁ、ひと目のある場所で怒鳴る人は少ないけど。

私は実家が近いし、夫がけっこう家事育児してくれるので気楽なもんです。
でも夫に叱られた直後にこどもがいらんことすると怒鳴ってしまうことも。
こどもを感情のはけ口にしちゃいけないと思うんですけど、夫へのあてつけもあってつい・・・
月1回あるかないか、自宅内のみ、暴力なし、ですけどね!(弁解)

そのお母さん、そうとう煮詰まってるのかもしれませんね。
自尊心の強い人は、助けを求めることを「敗北」と感じる場合があります。
偕誠さんだって手帳もらったとき悔しそうでしたよ?
タオルを投げる誰かが必要なときも、あるんです。

子供が悪いのじゃない。
母親だけがわるいのじゃない、社会が悪いんだー!!
とすれば、社会の一員である私もあなたもちょっとは悪いわけで。
偕誠さんが感じてるのは、義憤ではなく、罪悪感なのではありませんか?

「児童虐待の防止等に関する法律」に  
第六条、児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。
というのがあります。

馬乗りビンタはわたしなら110番。だって傷害事件だもの!
止める同僚には「貴様は俺に法を犯せというのかぁ!」とキレてよし。
匿名で通報できる窓口も何種類かあるので携帯に登録しておくとGood!

山手線のお母さんには、「お急ぎなら僕が抱いて走りましょうか?」って爽やかな笑顔で言うのも有効だったかもしれませんね。
勝手に抱っこしたら別のトラブルになるかもしれないし・・・

直接注意するのは難易度が高いので避けたほうが無難だと思います。
下手するとそのとき収まっても「この子のせいで注意された」って思ってよけいイライラして、後でこどもに仕返しするから。
もしするなら、「どうしたら虐待母を反省させられるか」ではなく「どうしたらこの女の人が落ち着いたり、暖かい気分になったりするか」を考えてみてくださいな。











































泣きっ面往復ビンタは、通報してもいいと思います。


Re

えっと、お名前がわからないのですが
とにかくコメントありがとうございます。

手帳のときのことをご存知なんですね。
いつも読んでくださってありがとうございます。

あなたのおっしゃること、いちいちもっともだと思います。
お母さんとしての生のご意見ですね。

> そのお母さん、そうとう煮詰まってるのかもしれませんね。
> 自尊心の強い人は、助けを求めることを「敗北」と感じる場合があります。
> 偕誠さんだって手帳もらったとき悔しそうでしたよ?
> タオルを投げる誰かが必要なときも、あるんです。

ぼくもそう思います。
でも、「敗北」を背負ってでも、家族を守るというのがぼくの決断でした。
それをぼくは、自分の自尊心をへしおることで行動にうつしました。
それはお察しのとおり、とても苦しいものでした。
自分のその価値観を押し付けるようにぼくは書いてましたね。
すべてのひとがそうあるべきという規範はないという認識とは裏腹に
ぼくは激昂したまま記事にしました。それはかの母親に似ていますね。

> 偕誠さんが感じてるのは、義憤ではなく、罪悪感なのではありませんか?

おおむね、そのとおりと思います。
少なくとも、ぼく自身「義憤」とは思っていません。

> 「児童虐待の防止等に関する法律」に  
> 第六条、児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。
> というのがあります。

知りませんでした。時間をとって、勉強してみます。
「受けたと思われる児童」というのは難しいですね。
その判断はどうすればいいのか、学んでみます。

> 馬乗りビンタはわたしなら110番。だって傷害事件だもの!
> 止める同僚には「貴様は俺に法を犯せというのかぁ!」とキレてよし。
> 匿名で通報できる窓口も何種類かあるので携帯に登録しておくとGood!

…傷害事件ですか?それは微妙ですね。
実際ひどい光景でしたが、ぼく自身、親にこぶしや平手で
しつけられたことが、たっぷりありますから…。
上にも書いたように、判断は難しいですね。
ぼくがその光景をみて、そのときとっさに止めようと思ったのは
法の遵守のためではなく、ぼく個人の感情のためです。
「やりすぎじゃないか?」という思いからでした。俗にいうエゴです。
通報するという選択肢は、ぼくにはありませんでした。

窓口、内閣府のHPで見つけました。
早速電話をかけてみましたが、本日の業務は終了していました。
24時間対応ではないのですね。登録したので、明日また、かけてみます。

> 山手線のお母さんには、「お急ぎなら僕が抱いて走りましょうか?」

上の行為をしたかったです、ぼくとしては。
しかし、そのせいで下のようになるのでは、とも思いました。

> 下手するとそのとき収まっても「この子のせいで注意された」って思ってよけいイライラして、後でこどもに仕返しするから。


> 「どうしたらこの女の人が落ち着いたり、暖かい気分になったりするか」を考えてみてくださいな。

その通りだと思います。
それはとても大事で、有意義で、根本的なことですね。

「ぐち」に、丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
知らないこともあり、大変勉強になりました。

とっさの瞬間に、適切な判断をくだし、適切な行動にでること
…そのために
親にも子にも受け入れられる対応の仕方
関連法規
しつけと、暴力・虐待のちがい…あるいは見極め方
あるいは設定されたボーダーライン等の熟知
実際に通報するさいの、手順の確認と練習

課題山積です。
頑張って勉強します。


次回コメントいただけるときは、
よろしければ、お名前をお知らせください。



NoTitle

ごめんなさいピピネラでした!
名前書き忘れ・・・
謎の空白もあるし。推敲が足りませんですみませんっ(´Д`;)ヾ 

躾と虐待の見極めは難しい問題ですね。
私は親に叩かれたことはほとんどないので、暴力に過剰反応する傾向があって・・・。
でも、厳しく育てられた偕誠 さんが「躾には、躾のやりかたと、限度がある!」と感じたのが答えだと思います。
躾と虐待私の考えでは、ボーダーラインは無いと思います。
虐待死させる親の半分ぐらいは「躾のためにやった」って言うし。
同じ場所を同じ強さで殴っても、子供によって心身のダメージは違うだろうし。

手帳のことは、ちょっと余計だったかもしれないけど、
言いたかったのは「客観的な判断をくだしてくれる人の必要性」です。
障害の認定ならお医者さんだし、虐待なら福祉事務所若しくは児童相談所ですね。
自分を正常だと思いたい人は自分からそんなとこ行かない。
そこに繋げてあげることが、周囲の人間にできることかなって。

偉そうに書いてるけど、今日もね、支援センターの職員の方にトイレトレーニングが厳しすぎるって注意されたんです。
怒鳴ったりはしてないけど、「オムツにおしっこしたらお家帰るよ」って脅したのがよくなかったみたい。
心理的虐待ですね。
でも不思議と腹は立ちませんでした。
その職員の方の言葉に否定じゃなく、労わりを感じたからだと思います。
躾も注意も文章も、コミュ力って大事ですね。
私もまだまだ修行が足りません。










Re

ピピネラさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

> 名前書き忘れ・・・

やっぱりピピネラさんでしたか。
文章読むかぎり、そうだと思ってました。 
あらためて、貴重なご意見ありがとう!

> 躾と虐待の見極めは難しい問題ですね。
> 私は親に叩かれたことはほとんどないので、暴力に過剰反応する傾向があって・・・。

そうなんですか。やはり育った環境は大きく影響しますね。
ぼくは男だし、子供の頃は多動というか、ほんと衝動的な子だったから
親は首に縄つけたがってましたよ。体罰は常識でしたね。
なんどか父親に鼻が曲がるまで殴られてますし。

> 躾と虐待私の考えでは、ボーダーラインは無いと思います。

通報するシステムがあるのに、線引きがないのが異常と思うのです。
今日(もう昨日か)さっそく窓口に電話したときに感じました。
110、119は迅速ですよね「事件ですか、事故ですか?場所は?状況は?」
マニュアルが整っている。けれど、この窓口はまず
郵便番号を入力する必要があり、その後「管轄」の児童相談所に繋がるのです。
今回のケースでいうと、「管轄」ちがいだし、
公的な場所で見た、その人の名前も住所も知らない、
それでも電話にでてくれた方は丁寧に傾聴してくれた上に
色々教えてくださいました。
その方も、ガイドラインはない、とおっしゃってました。
そこに、問題意識が芽生えました。

> 虐待死させる親の半分ぐらいは「躾のためにやった」って言うし。

うん、そういうことは多いですね。あとは、
興奮したり騒いだり泣いたりするのを、黙らせるためにやった、も多いですね。
こっちの場合は「躾」の範疇ではないですね。
さらには、自らも虐待の被害者だった、という場合。
この場合、ぼくは両方がかわいそうで、いたたまれなくなります。
いずれにしても、やはり第三者がそれを見極めるのは容易ではない。
本人でさえ、自覚のない場合が多すぎますからね。

> 言いたかったのは「客観的な判断をくだしてくれる人の必要性」です。
> 障害の認定ならお医者さんだし、虐待なら福祉事務所若しくは児童相談所ですね。

児童相談所の、今回の回答は、
どんなささいなことでも連絡はしてほしい、ということでしたが
結局当時者を確定させることができないため、
「地域ぐるみで」見守り、通報する、という形がベストだ、というものでした。
だから今回の場合の正答は得られませんでした。

> 自分を正常だと思いたい人は自分からそんなとこ行かない。
> そこに繋げてあげることが、周囲の人間にできることかなって。

自分の家を中心に数軒まわり、
マンションなら階上、階下、両隣、このくらいしか
感知することはできないと思います。
名前も住所もわからない、今回のような場合は
やはり居合わせた第三者が、アクションする必要がありました。
つまりぼくの行動は、ベストではなかったのです。
じゃあ、どうすればよかったか?これが課題となります。

> その職員の方の言葉に否定じゃなく、労わりを感じたからだと思います。

なるほど。それは大きなヒントですね。
「労り」かあ。キーワードのような気がしてきました。

> 躾も注意も文章も、コミュ力って大事ですね。
> 私もまだまだ修行が足りません。

ぼくも修行を重ねます。不足を痛烈に自覚しましたからね。
貴重なご意見ありがとうございました!
またなにかお気づきの点あったら、教えてくださいね。

郵便番号の入力が必要なんですね!
知らなかった。おしえてくれてありがとうございます!
山手線の件みたいな場合は、やんわりと直接介入しかないでしょうね。
「手伝います」っていうスタンスなら、お母さんも腹は立たないと思いますよ。
おばあさんは「注意」したから反発にあったのだと思います。
(おばあさんは全然悪くないけど、アプローチが悪かった)

目の前で大人が子供を叩き続けてて、二人の素性がわからない場合は110番で最寄りのおまわりさんに来てもらうのが一番だと思います。
制服見ただけで興奮はさめると思うし、職質とお説教してもらって、おまわりさんが必要と判断すれば児童相談所等に連絡してくれる・・・かも。
住所がわかれば児童相談所も動けるし。

Re

ピピネラさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

> 山手線の件みたいな場合は、やんわりと直接介入しかないでしょうね。
> 「手伝います」っていうスタンスなら、お母さんも腹は立たないと思いますよ。
> おばあさんは「注意」したから反発にあったのだと思います。
> (おばあさんは全然悪くないけど、アプローチが悪かった)

それしかないですね、どうやら。
あとはどう伝えるか、ですね。

> 制服見ただけで興奮はさめると思うし、職質とお説教してもらって、おまわりさんが必要と判断すれば児童相談所等に連絡してくれる・・・かも。
> 住所がわかれば児童相談所も動けるし。

なるほど。おっしゃるとおりですね。
おまわりさん、あんまり頼りにならない印象が強いけど
ぼくがオロオロしているだけ、よりはずっと良いですね。

あの日以来、ずっと考えてます。
どうすればよかったのかなあって。
ぼくだったら、どうしてほしかったかなあ、とか。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR