0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

白状します。

感情の乱気流につっこんでしまった。

一日の間に、乱高下をつづける感情。

感情障害。

理性ではおいかけられないスピードで

いともたやすく離陸して

遠くへとびさっていってしまう感情が、憎い。


…でも、ぼくは心底それを憎んでいるわけではない。

だってぼくは、いつだって感情を優先して生きてきたから。

感情の使徒だと思う。

ぼくはパトスの使者なのだ、きっと。


若いころは、自分を詩人だと思っていたから

あふれる感情をすべてそこに託した。

また独身のころは、恋の焚火にまきをくべるように放り投げた。

燃えあがり、パチパチと爆ぜながら

天に昇っていったあの感情たちは

いまこの方寸にわだかまる感情と

まったく別種のものだろうか…。

同じはずだ。

詩人を廃業し会社に勤め、

激しい恋のはてにいまの家庭を得て、

一度は尋常の幸福を手に入れたけど

結局、抑制された感情は、爆発し、暴走した。

そのさまを、病気というのなら

ぼくはうまれついての障害者だ。


感情を抑制することほどむずかしいものはない。

理性なんて、エチケットほどの力しかない。

理屈がきらいだ。ロジックは食えない。

ならば、ここはひとつ、諦めてみてはどうか。

「あれも、これも」じゃ、どうにもならない。

「あれか、これか」だ。どちらにせよ、後悔しなければいいだけだ。


『ぼくは、感情をコントロールすることができない』

それを受け入れてしまえばいいじゃないか。

感情障害。

なんてことないね。

物心ついたころからそうだった。

怒りっぽくて、涙もろくて、笑い上戸で…

人よりちょっと感情の量が多いだけだ。

そして、制御盤がぶっ壊れてるだけだ。

せめて人に迷惑をかけないように、ぼくは服薬し通院し断酒している。

それでもう、おあいこじゃないの。


ぼくは、ぼくを認めてあげる。

愛してあげる。

じゃじゃ馬にしがみついて、よくここまでやってきたね。

いろんな人に助けられたね。

いろんな人に邪魔されたね。

めげずに、ここまでやってきたね。

よし。



進め。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR