041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

1-18

一昨日借りてきた本を、やっと開いたのが、今日の夕方。

昨夜ははやく寝たのに、今日も昼過ぎまで眠っていた。

親方に返事をだす。来週は1日か2日か、手伝いになるだろう。

準備しっかりしなくては。


昨夜から、自分に対する猛烈ないかりのような感情に

やけつく様に、ヒリヒリしてる。

妻ちゃんにも、ねこさんたちにも表さないし

この場でも、あらわしようのないものだけど…

獰猛な、ある感情に、こころが燃えている。

今もだ。


剣道に青春のひとかけらを捧げていた頃を思い出す。

竹刀を向ける相手は、実は、常に自分自身だった。

敵というのは、向かいあった相手のことではなく

それに負けそうになる、自分自身のことだった。

ぼくは、病気を敵と思っていた。

自分の人生を邪魔しにくる、憎い敵だと思っていた。

それが、甚だしい、勘違いだったような気がしているのだ。

敵は自分じゃないの。

病に負けそうになる、病を言い訳に武器をすてる、

敵前逃亡の、弱い、自分じゃないの。

闘え。

闘いのなかで、死ね。

布団の中で死ぬな。

いけ。

進め。

何度転んだっていい。

挑め。

何度諦めたっていい。

また挑め。

勝つまでやれ。

愚痴ったっていい。

また進め。

泣いたっていい。

勝つまでやれ。

たたかえ。



生きることから、逃げるな。






関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

バガヴァッドギーターと言う本の中にも、
戦の背景で描写されてるので曲解する人も多いかもしれないのだけど、

難敵を倒せ!とクリシュナという人物が戦いに迷いを感じる戦士に
何度も繰り返し言う場面が出てきます、

その敵だとか戦場でさえも本当は人の中に在る戦場を
意味しているものだと私にはどうしてもそう思います。

インド哲学だし、
そうしないと辻褄が合わない部分があって
わけが分からない本になってしまうから。

己の中の敵、それが人生最大の難敵と
クリシュナは言ってるわけです。

だから目の前に迫る戦車や軍勢なんかより、
自分という存在のほうがよっぽど強大なラスボスなわけですね。

私もラスボスに負けそうになるたびに、
ギーターを思い出して、

苦熱することなく、執着を捨て、愛と信に専心し、
己の中の難敵と戦うようにしています。



Re

羯磨さん、こんばんはー。
コメントありがとう。

先日、本屋で見つけました、バガヴァッドギーター。
古本じゃないから、購入しなかったけど
少しの隙間時間に、立ち読みしました。
読みごたえありますね。

> 己の中の敵、それが人生最大の難敵

病気は、それを気づかせるために
訪れたのじゃないか、と思うんです。
克己せよ、と。
自分に勝ったそのさきに、なにかがあるのかもしません。
ま、何も無いかもしれませんが…w

NoTitle

こんばんはー
おおーわざわざ本、探してくださったのですね!

私は一時的にではありますが、
心を克服した経験をもちますけど

良い意味で自分のない状態でした。
否定でもなく執着でもなく。

私へ割いていたエネルギーを
世界へ全て注ぐ事が出来る感覚でした。

だからこれを探求して
何も得られないということはないと思います^^

お互い敵を克服するために
共に戦いましょう!

(そして名前間違ったまま投稿してたことに今更気付きました・恥)




Re

Neroさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

> おおーわざわざ本、探してくださったのですね!

ちょっと立ち寄ったので探したら、岩波文庫からでてました。
すごく迷ったんだけど、買わなかった。
いま一番古本屋で出会いたいコですよw

> 良い意味で自分のない状態でした。
> 否定でもなく執着でもなく。

うーん。わかるような…
難しいですね。
コミュで掘り下げますか( ´ ▽ ` )

> お互い敵を克服するために
> 共に戦いましょう!

病は息の根をとめるまで攻めます。
敵はできれば、和解したいです。
強い味方になってくれそうな気がするんです。

> (そして名前間違ったまま投稿してたことに今更気付きました・恥)

ふふ。最近サブの方、頑張って書いてるからだろうなあ
と思ってました( ´ ▽ ` )

NoTitle

度々お邪魔します^^

住所知ってたら本、送りつけるのにw
ついでにタロットとかも。

コミュ私ばかり書きまくってるので、
また思う事があったらどんどんリードしちゃってください。

せっかくだから難敵トピ立てておきますか

>病魔退治

出来れば敵は味方につけたほうがいいですよね。
根絶やしにすると憎悪の感情を持って
忘れた頃にやり返しにきますものi-202

>サブ

サブのほうも奇怪でグロテスクな内容なのに、
見守ってくださる方がいて、感謝です。

それに支えられて勇気を出して書き進められるので、
新たな気付きを得たりして本当に助かります。

ありがとう

Re

Neroさん、おはようー。
コメントありがとう。

> せっかくだから難敵トピ立てておきますか

おー、早速ありがとうございます。
頭さめてきたら、書き込みにいきます!

> サブのほうも奇怪でグロテスクな内容なのに、

グロテスクにはグロテスクの美があります。
生々しい描写は、厳しい半生を描くのに不可欠とおもいます。
なにより、血のにじむような筆跡に感銘をうけます。
頑張って書いてくださいね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。