071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

いのち

自分は不真面目だ

いのちに対して、不真面目だ



いのちは

不意に消えてなくなる

そのことを

忘れてはいけない、片時も


きょうもバカヅラひっさげてバイトへ

休憩中にメールをみて

走って早退

父の

心臓がとまったというしらせ



妻は

ずっとまえに父を亡くしている

だから、ひごろから

後悔のないようにと

ぼくをさとしていた

ぼくはわかったような顔でいた


今日でさえ、遅すぎるのだ




病院にすべりこむと

父はICUのなか

なんどもなんども

電気ショックと心臓マッサージをくりかえし

なんとかいう注射をうち

麻酔をかけて

なんとかいのちをつなぎとめている状態だった



葛西の病院までの道が混んでいてよかった

すいていたら、ぼくはたぶんバイクで転んでいたと思う



何時間、そばにいたかわからない

妹がきて、姉と義兄がきた

おいとめいは、まだなにもわからないのだろう

ぼくの顔をみて無邪気にほほえむ

妻もきた

白衣が足りなくなったので

一度ICUのそとへ

頭は白紙




面会時間残り3分

皆がでてきたので

その白衣をかりてもういちどなかへ

父の手を握ると

はじめて目をひらいた

話しかけると、うんうんと

弱々しくうなづく


ほそく、よわくなっちまった

あんなに強かったのに



家にかえってきても

なにもできない

ただ、いまのことを

かきとめておこうと思った




ぼくは、いのちに対して

あまりに不真面目だった



まったく、だめな息子だ



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

駄目なんてことはない。
遅すぎるなんてこともない。
きっと、「其の時」が、適切なタイミングだったのだと思います。

何か切欠が無い限り当たり前すぎて見過ごしてしまうものは多いと思う。
それが当たり前じゃないんだ、と本当に心から気付くのは
思考ではなく現実の体験によるものだと思う。

気付いた時からが、「新たなスタート」
何か後悔したり強く思うことがあるのなら、
其の時に真剣に見直せば良いのだと思います。

人間は人生の中で何度も「新たなスタート」を体験し
何度も一度の人生の中で古い思考・概念が死んで
新しく生まれ変わると思います。

現実が私達に常に問いかけていること、
「教えてくれた事」、
一切、無駄にしない限り、駄目だなんて無いと思います。

この体験は、この感情は、
自分に何を教えてくれようとしてるのだろう・・・

そういうふうに考えると
悲痛さだけでなく感謝も生まれてくると思う。

大切な誰かに送る言葉は

ごめんね、よりも
ありがとう、のほうが良いと思います

Neroさん、こんばんは。
もう頭はさめました。
やさしいコメントありがとう 。
心が疲れたとき、
自分を過剰に責める癖があった。
それを、ずっとうまくコントロールしてたのだけど、
今日は一瞬たづなが緩んだみたい。

頭、さめすぎてね、なかなか寝つけない。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。