091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

もしも

ねぇ、もしもさ

うまれかわったら、なにになりたい?

「新しい、わたし」

らいせの、はなしだよ

「らいせなんて、いらない」

もしもの、はなしだよ

「うん」

もしも、うまれかわったら、なにになりたい?

「新しい、わたし」

ねえ、それって、どういういみ?

「わたし、もうじき、だっぴするの」



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

強く共感を覚えます。

生まれ変わるなんてまっぴらゴメンです。
おそらく今世と同じ人生を歩むことになるから。

でも、望むとしたら「だっぴ」です。
生き方を変えられたら、どんなによいことでしょう。

 半覚斎 拝

Re

半覚斎さん、こんにちはー。
コメントありがとう。

こんな文章に共感してくれるひとがいるとは。
ありがとう。

> でも、望むとしたら「だっぴ」です。
> 生き方を変えられたら、どんなによいことでしょう。

今生で生まれ変われなければ、来世も暗いと思うんです。
脱皮はくるしいことでしょうし、結局その先にも戦いはありますね。
でも、羽ばたくつばさを得ることができますね。
ぼくはいま、脱皮、したいんです。

NoTitle

これ好き!
ひらがなが効いてますね。
そこはかとなくエロスを感じます。

夏の夜、木にぶら下がった脱皮したてのセミ。
青白く透き通った体の、はっとする不気味さ美しさ。

青白く透き通った心は、きっと傷つきやすいけど、
硬い殻に覆われた心じゃ、今より大きくなれないだろう。

柔らかい心をヒリヒリさせながら、もっと優しく、もっと大きく。
毎日、毎秒、脱皮したい。

Re

ピピネラさん、こんばんはー。
コメントありがとう。

> ひらがなが効いてますね。
> そこはかとなくエロスを感じます。

おお。ありがとうございます。
少女の会話のイメージです。

> 夏の夜、木にぶら下がった脱皮したてのセミ。
> 青白く透き通った体の、はっとする不気味さ美しさ。
> 青白く透き通った心は、きっと傷つきやすいけど、
> 硬い殻に覆われた心じゃ、今より大きくなれないだろう。
> 柔らかい心をヒリヒリさせながら、もっと優しく、もっと大きく。
> 毎日、毎秒、脱皮したい。

名文ですね!うっとりため息がでちゃう。
殻はまだ弱い自分を守るためにあるけれど
外へとびだすとき、最初の壁になります。
それは、今までの自分との、最初の戦いですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR