0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

12-14-1

来週の手伝いのための最終仕上げ。

それが、5時起床のリズムづくり。

手伝いはずっと続くわけじゃない。

年が明ければ、植木屋は閑散期にじわりとはいっていく。

でも、早起きはいいことづくしだから

今日から5時起床。

朝はもっぱらEine Kleine Nachtmusik

寝る前はベートーヴェン。
(たまに興奮して寝れなくなるけど。

バナナとシリアル。

みんなのブログを見て回る。

8時きて、もう眠い。ーこれで寝てしまったら意味がない。

でもコーヒーはもう飲まないと、酒とともに断ったから

自力でおきてるより他ない。

今朝の読書に選んだリルケの詩が、また眠りを誘う。

リルケは古い。古典とさえ言われそうだ。

しかし中身はいまだに新しい。

表層でいくら進歩発展しようとも

人間の真姿はかわらないようだ。


妻ちゃんを送り出して、1時間のジョギング。

BGMはベートーヴェン「交響曲第九番」

鼓膜から全身へ音楽がかけめぐる。

ふわふわと舞う雲のように軽くはしれた。

そして朝の強い光を、刻んで散らす木の下で聞く第四楽章!

世界は歓喜に満ちている!

と、一瞬間だけ思わせてくれる。このよろこびのうた。

ぼくには音楽というのは難解なんだが

ベートーヴェンは、すこしわかる様な気がするのだ。


帰ってうちの掃除。

うららかな昼前の陽光とリルケの詩に、OUT。

ほんのちょっとまどろんでしまった。

昼飯を食べて、薬を飲んで

歩いて行くにはちょっと遠い図書館へ。

これもリハビリのうち。

お目当てはダリの画集だけどあるかなー。

前回借りてすぐ入院しちゃったから

あんまり楽しめてないんだよなあ。

あればいいなー。


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

第九いいですよね。
フロイデ!

中学時代に一年間だけ習い、
大晦日の日に大きなステージで歌いました。

スポットライトが熱くてまぶしくて、
観客席なんて見えやしなかったけど、

足が痛くなりながらも
一生懸命歌ったのを覚えています。

小学生の頃も合唱をやっていて
しばしばステージ慣れしていますが、

また、歌いたいな。
そんな日が再び訪れたらいいな。

NoTitle

Neroさん、こんばんはー。
フロイデ!

あれ、歌詞もいいんですよねー。
ぼくも、中学のとき
卒業する先輩たちがドイツ語で合唱して
聞いてて胸がジンジンしたの思い出します。
いまだに半分は歌えますよ。

抱き合おう、すべてのひとよ!
このくちづけを、全世界に!

シラーという天才と
ベートーヴェンという天才のコラボですから
最強ですね、これ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR