1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

車輪の下

内気な娘のように、
だれか自分より強い勇気のある人が自分を連れにきて
ひっぱっていき、いやおうなしに幸福にしてくれたらと
彼はじっとすわって待っていた。

「車輪の下」へルマン・ヘッセ

思春期の自分をこの一文にみいだすことができるのは

ぼくだけではあるまい。

ヘッセの筆は、軽く精緻なかんじがする。

ぼくにはどうしたって真似できない文体だ。


彼はもはや、
ありとあらゆるものを詰め込まれる容器でも、
いろいろな種をまかれる畑でもなかった。



ハンスはいまでいう「うつ病」に罹患したんだろう。

当時ではまだ「狂人」にちかい。

いまの日本でのうつ病の生涯有病率は6.7%

ここまでくると、もう「狂人」とはよばれないのか。

それは「病人」であり、いたわりの対象であり

糖尿病や、半身不随などと同様に

日本の弱者にやさしい社会では、丁重にあつかわれる。

いままでは狂人として隔離されたり白眼視されたケースもあったろうに。

医学のシンポか。病名がつけばそれは狂気ではないのか。

じきに、国民のすべてが、なんらかの精神疾患の患者になる日がくる。

国家はおおきな病院になる。

医師すら、医師であるがために、病気である。

あくせく働いているビジネスマンもみんな病気である。

創造にたずさわるクリエイター芸術家も病気である。

専業主婦や、働かない青年も病気である。

だれも彼も病気である。

病名のまだないものだけが、「狂人」の烙印を押し付けられる。



書評はしない。ぼくには評する才がない。

ただ純粋に「読書感想文」を書くのみ、だね。


車輪の下 (新潮文庫)車輪の下 (新潮文庫)
(1951/12/04)
ヘルマン ヘッセ

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

ふふふ、お久しぶりですな。

ヘッセさんの名言調べたら色々と出てきました。

『世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと、自分は死ねなかった。だから君も、死ぬには美しすぎるものが人生には多々ある、ということを発見するようにしなさい。』

『人生が生きるに値するということこそ、すべての芸術の究極の内容であり、慰めである。』

僕はおそらくこの感覚に共鳴するのでしょう。

ヘッセ自身は神学校を脱走しているわけですが、やはり僕がヘッセから学び、そして実践して救われたというのは『脱走』に他なりません。(笑)

僕はどこにいても前向きで生きていられたとは到底思えないのですが、「どこかにそういう場所があるに違いない」というわずかばかりの期待があって、それでまぁ逃げ回っているうちに農家になってしまったと。

僕も狂気じみた行動がたくさんありました。母親に「そんなにおかしいと思うなら病院に行きなさい」と言われたこともありました。でも行かなかった。

本当に落ち着いてきたのはこの2年くらいです。それまではあの何もかも投げ出したくなる衝動に襲われてました。

奥さまにも怒鳴ってばかりでしたし。まったく油断禁物の日々でござる^^;





NoTitle

あねさん、お久しぶりです。えへへ

> 『世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと… 
> 『人生が生きるに値するということこそ、すべての芸術の…

前向きできれいな言葉ですね。

脱走は、ぼくも共感できます。あのじゃじゃ馬のような衝動ですよね。

「どこかにそういう場所があるに違いない」というわずかばかりの期待

わかる気がします。センチメンタルだけどもう青くない流転。
あねさんも、きっと病院にいけば、なんらかの病名がついたのかも。
特にあのころはね。人間解説の名札みたいなものですね、病名は。
なくてもいいものにちがいありません。

> 本当に落ち着いてきたのはこの2年くらいです。それまではあの何もかも投げ出したくなる衝動に襲われてました。
> 奥さまにも怒鳴ってばかりでしたし。まったく油断禁物の日々でござる^^;

そのへん、今度じっくり記事にしてくれませんか。
昔みたいに。もうああいう文は書きませんか?
是非読みたいなあ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR