0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

入院回顧録

夕暮れに群れたつからす

あの騒音

あの不穏な羽ばたきの音のかさなり

あれが頭の中にあり

それは声ともなり

侵食してくる

こころ、とよばれるところをねらって

侵食してくる


正気の楯はもろい

「理性」に頼っていれば、あっという間に喰われる

逃避するには体がもたない

睡眠薬でにげる、自傷でにげる

いずれにせよ、体がもたない


声はどんどん近づいて

やがて表情をもつ

はなっつらまでやってくる

ぼくはその表情を

言葉では表し得ない


隠れて飲んだ睡眠薬と

うってもらったなんだかの注射がきいて

そのときは逃れた

翌朝、逃げるように、退院させてと主治医に懇願した



あれがなんだったのか知りたい

ぼくはきっと、正気と狂気のはざまにまで

さまよいついてしまったのだ、と思う



いつか狂うさだめ



そう言っていた

誰が?

こっちが聞きたい

ぼくはいつか狂うのだと

そいつがいうのだ


妻が、側にいる限り

ぼくは狂うことはないと思うが

ひとりでいては、いけない




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR