0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

不良品

ぼくは、ぼくの作ったものじゃない。

父がつくった

母がつくった

ふるさとがつくった

社会がつくった

その社会に拒絶された

拒絶されて薬を飲んでる

脳、神経の働きを

人と同じようにするために薬を飲んでる

これはつくられたぼくだ


たまに、しんでもいいから

薬をやめて

まっさらなぼくとして

命を燃やしてみたく思うことがある


生きて、人に迷惑をかけぬようにすることが

最優先だから、薬を飲んでる

なんだか、虚しくなる事があるのだ


ぼくは、いったい粗悪品なのか

クーリングオフはないのか

生まれたいのち、返品はきかない

だから薬を飲むのだ


社会へのチケット

かさむ医療費

それでもなお

生きているし

生きていくのだ


そう思うと

胸のあたりで

透明な涙がこぼれる


ぼくは、ありのままじゃ粗悪品

使えた物じゃない

ぼくを許してくれる社会がほしい



人間に、不良品などあるものか!



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
世の中のものさし、ひとのものさし


世の中では、ぼくは失業中だし病気療養中だから、役立たずだ。


でも、ひとのものさしではかれば、

まだまだ、使い道もありそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

よく見てごらんよ
貴方はみんなから必要とされている

貴方が倒れたとき
どれだけの人が心配してくれた?

貴方が帰って来たとき
どれだけの人が喜んでくれた?

貴方が不良品なら
貴方を必要としている人たちはどうなるのだ。

薬を飲むが飲むまいが
貴方は貴方の望むように

これから少しずつ
貴方を作っていけばいいじゃない。

何歳になっても遅すぎるなんて事はない。
思い立ったらやってみればいい。

違うの?


NoTitle

あなたが薬を飲むのは、あなたが不良品だからじゃない。
あなた自身の苦しさを、少しでもいやすために、薬がある。
それは私も一緒。
人に迷惑をかけないために、薬を飲むんじゃない。
自分が少しでも楽になるために、薬がある。
それは私も一緒。

薬を飲んだって、飲まなくたって、
あなたは粗悪品でも何でもない。
現に、私はあなたに何度も助けられた。
あなたは私をたくさんいたわってくれた。
だから私は、今も生きている。

わたしが保証します。
あなたには、生きている価値がある!

NoTitle

Neroさん、ありがとう。

うん。そうしてみる。
ここにきて元気貰って、頑張ってみる。
いつもありがとう。

NoTitle

misaさん、ありがとう。

どうしてもそう考えてしまうけれど
misaさんの保証付きなら
もうすこし頑張ってみます。
ありがとう。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR