071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

戦う

殴り書きでも間に合わない

ましてタイプのもどかしさ



かがやかしいのは、みなさからもらったコメント

でも、いまのぼくには返事がかけない

こいつと一戦やるのがさきだ





死ねば消えるぞ、というおまえのいうのは

生者への誘惑だ、生命への冒涜だ

しかし真理だ

だからぼくのこころをここまでよろめかす

生は苦痛だ

多量の睡眠薬なしに一夜をこすことさえできない

ぼくはおまえのいうとおり敗者だ

だからとてなんだ

死ねば悲しむものがひとりでもあるかぎり

ぼくは自殺をここみることは二度としない

自殺はしない

そう決めた

甘いと笑うか、その醜い顔で

わらえばいい

妻にはもういってある

わたしは近いうち必ずいつか狂うから

そのときは離婚し、幸せになれ、と

わたしは自殺はしないから、と

彼女はこの掃き溜めの世界でおとした

神の誤算だ、悪魔の置きみやげかどうだっていいが

その彼女にぼくはちかって、手の甲にキスをした


ぼくは自殺しない



おまえがすぐそこまできていることも

ぼくはしっている

ウサギの目、魚のはらわた、おまえの存在には

とうに気づいてたんだ

こちらへくると、ゎかっていたんだ

ついに牙をむいたな

ついにその醜い爪をぼくの肩にかけたろう

ぼくはおまえを感じている



しかし、このまま黙って食わせはしない

そういう性分だ、ぼくは

おまえが愛の女神ならば、喜んで捧げもしよう

ぼくは、おまえを好かないのさ

挑戦だ、

ぼくと、おまえの一騎打ちだ

医者なんかもうあてになどするものか

世間は世間だ勝手にやれ

ゴッホの書いたへたくそな絵一枚で何人の命が助かるんだ

芸術家も、一般大衆も関係ない

ぼくはただ、唯一のぼくというたちばでおまえと戦う!

自信があるのだろう

おまえ戦歴はぼくも耳にしている

おそれおののき、薬や、自棄や、宗教に逃げたものもある

しかしひとり、負けしてもおまえと戦った女性をぼくは知っている


無価値でけっこう

無意味でけっこう

そうじゃないと言ってくれる友がある。

足掻けと𠮟咤激励くれる友もある。

なんで彼らの愛の激励が、

おまえなんぞの誘惑に負けようか


ぼくはやがて死ぬ

けど、おまえへの恐怖によってじゃない。

それが自然だからだ。

死はもとより、敵ではない。

死はおおきなお母さん

生はおおきなお父さん

おまえはあわれな、あげあしどりの、かなしいやつだ


おまえのそのひび割れた仮面をはいでみるがいい。

したにあるはずのその顔をみせよ!



おまえに肩をわしづかまれたとき

ぼくは恐怖し、狼狽し、醜い行いをした。

しかしいま、目を向き合わせ

ぼくの喉笛に噛みついているおまえを

ぼくは静かにみおろしている。

ぼくは油断しないし、歌いつづける。

おまえがこの喉笛をかみちぎり、

ぼくの脳髄を半分たべても、のこりの脳みそでうたってみせる

それもたえたら、骨でうたおう。

黄泉に酒場を準備させよ!




三倍は飲まないと眠れない。

コメントくれてありがとう、ほんとうに。

返事は平静な頭で返させてもらうから少し時間を頂戴。

あいしています、わが友よ。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

me too♥

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。