071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

落ち葉

彼と散歩をするのは、たのしい。

街路樹を、ひとつひとつ、丁寧に説明する癖があるから、

樹木のすきなものなら、楽しいだろう。

わたしが、彼と散歩をすることがたのしいのは、

樹木ではない。彼のことがすきだからだ。

ほら、これが、ヤマモモの木だよ。

こいつの実を食ったことがあるかい

酸っぱいけど、なかなかいける。

野趣にとむ、ってんだろうな、こういうの。

おれは、このヤマモモが好きでさ。

登りやすいし、整えたあとの姿が、いいんだ。

なんというか、どっしりしたなかにも

軽妙さがあってさ!

おれは、このヤマモモがすきなんだよ。


彼は植木屋なのだ。

生涯、植木屋だ、と彼はいう。


おいみろよ、こりゃ南天だ。

のど飴のコマーシャル見たことねえか?

あのナンテンさ。ほんとだよ。

赤いキレイな実がなるんだよ。

でも。これは、ミショウだな。

「みしょう?」

ああ、実に生えるってかいて、ミショウだよ。

字い、読むと当たり前だけどな


かかっと笑う。


実から生えたってことなんだろな。

要するに苗を植えたんじゃないのさ。

だから、ふつう、こんな街路樹のわきにはえてりゃ、

草刈りのときにかられちまうんだけどな。

あれは、ひいらぎ

あれは、まてばしい

あれは、ねむ

あっちのは、やまぼうし


………



ふと、彼の目線がひとつのヤマモモにとまった。

「どうしたの?」

いや、このヤマモモよう

もう二、年は剪定されてねえよ、この様子じゃ。

「ふうん、わかるんだね」

みろよ、ふところに、小枝がびっしりはえてんだろ?

懐というのは、樹の主な枝たちの内側をさすことを

わたしはいつもの彼の散歩講義のなかで学んでいた。

「うん、ほんとだ、びっしりだね」

こうなるとな、毛虫がたくさんうまれるんだよ。

鳥たちが見つけにくくなるからさ。


それきり、彼はすこし黙った。

わたしは彼が話し出すのをまちながら、

インターロッキングの舗装のうえを

からから舞い散るけやきの落ち葉を聞いていた。

剪定してすっきりさせると、

今度は鳥が集まってふんをする。

これ、鳥害っていわれるんだけど、

それで、何本、切らなくていい樹を切ったかな。

まだ、元気なのによ。

剪定じゃないぜ? 伐採だよ。

近所からの苦情だって。

「ふうん、それはひどいね」

でも、すっきりさせなきゃ、毛虫が多いって

この樹も、嫌われちまう。

街路樹は、丁寧に消毒もできねえし。

「風にのって、近所からクレームがくるんだっけ?」

ああ、そう、よく知ってるね。

うちの鯉が死んだざます!ってな。

でもよー。

森じゃあたりまえのことなんだよなぁ


彼の語尾は、あまりよく聞き取れなかった。

彼は都会に森を作るのが夢だった。

疲れたサラリーマンや

悩む学生や

恋人たちが

お金を使わずに誰でもはいれて

木々や草花にいやされて

またもとの生活に帰っていく

そんな森を作るのが夢なのだった。


おれにかかったら、このくらいのヤマモモ

ぱぱぱっと、きれいにしてやれるんだけどなあ。

見せてやりたいよ、お前にも

おれのハサミさばきをさ。

「うん、うん 」


散歩の、最後の決まり文句だ。

もう帰ろうか、そういう合図なのだ。

その言葉がでると、わたしは押してきた車イスを

まわれ右して、彼の家へと押しはじめるのだ。


秋の落ち葉を、カサカサ踏みながら

両足のあった頃の彼の姿を思い出すと

わたしは、満ち足りながら不足を感じる

自分自身の心魂に、ほとほと嫌気がさしてきて

ほろほろ、泣いてしまうのだった。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。