091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

トーマス・マン

どうしてぼくはこんなに風変わりで

みんなとそりがあわないのだろう。

先生とは喧嘩腰だし、

他の子達からは仲間はずれなんだもの

あいつらをみるがいい

あの善良な生徒たち

手堅く平凡な生徒たちを。

あの連中は先生を滑稽だとも思わなければ

詩も作らないし

誰でも考えるような

大きな声で口に出せるようなことばかり

考えている。

トーマス・マン
『トニオクレーゲル
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

こんにちはー。

なんだか高校時代を思い出しました。
先生とは毎日バトルを繰り広げていたし(笑)

とても共感できて、微笑みが浮かんでくる文章ですね。

名言として残っている言葉は
とても心癒されて、踊りたくなるような
がっちり心を掴んでくる言葉もあって、

名言を残した人は、もう居ないかも知れないけど
時を越えて、国を越えて、人の心を癒し続けられるなんて
本当に素晴らしいと思います。

NoTitle

Neroさん、こんばんはー。

おもしろいですか、よかったー。
じゃあ、おすすめですw
ながい話じゃないし読みやすいし
エッセンスは濃い〜いですよ。
時間のふるいにかけられて残ったものは
砂金のようにうれしいですね。
知らない砂金がまだあっちにも、こっちにも。
人生は宝島ですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR