071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自分のとりえ

いつ、どこで、読んだものか

まったくおぼえてないんだけど

動物たちの学校の話があった。



かえるや、とりや、もぐらや、

うさぎや、さるやなんかがいて

みんな同じ教育を受けてる。

かえるは泳ぎが得意だけど

もぐらみたいに穴堀はできないよ。

うさぎはかけっこが得意だけど

さるみたいに木登りはできないよ。

それを、無理に教えるもんだから

とりはもぐらみたいに穴を掘りつづけて

自慢の羽ははげてしまってもう翔べないよ。

もぐらはかえるみたいに泳ごうとしたけど

あっというまに溺れてしまったよ。

かえるはうさぎみたいにかけっこし続けて

水かきがすりへってしまったよ。

うさぎはさるみたいに木登りしようとして

木から落ちて頭をうっちゃったよ。

さるはとりみたいに翔ぼうとして

木から落ちて頭をうっちゃったよ。


どうして、みんな同じじゃないといけないのかな。

みんなそれぞれ、得意があったのに

いまじゃ、みんな

さるなんだか、とりなんだか、もぐらなんだか

自分がわからないって顔をして

しょんぼりしているよ。





教育ってなに?

というような、お話。

ぼくの解釈の記憶だから

いつか原文と再会したら、あれれ

ってなるかもね。

また読みたいなぁ。



自分のとりえは、自分で見つけて

自分で育てるのがいちばんかな。

人に教わって見つかることも多いけど。

ぼくは、学校じゃなにも学べなかったな。

自分のことはね。

いろんなこと、学んだよ。

友達との付き合いかたとか。

社会のルールのようなものとか。

常識とかね。

ぼくは優等生だったけど、

分数のかけ算で、先生ともめてから

なんだかばからしくなったんだ。

学校なんて意味ないやって思ったんだ。

勉強はいまも好きだけど

国数英社理にはおさまらないよ。

ぼくを知るために学んでいるんだろうね。


作者はこのときどういう気持ちだったでしょう?

なんて問題はおかしいよ。

そんなの、正解ないじゃん。

みんな、正解じゃん。

作者だってわかってないかもよ。



教育は、難しいね。

ないよりあったほうが、いいに決まってるけど。

いまの日本の学校なら、行かなくてもいいかもね。

ぼくは中学出てすぐ働きだしたけど

そのあと大検とったから、いちお高卒認定だし。

それでも、同じ職場で大卒より稼いでたし。

バカにされてたけどね。



学歴より

中身だと思うんだ。

どこで、なにして、何を学んだのか。

履歴書には書く欄、ないけどね。




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

NoTitle

私の教師は変な人が多くて
授業をやらないでずっと遊びの時間にしたり、
脱線話をして普通じゃ知らなくていいような歴史の醜い裏話とか
教えてくれたり、まともに授業を受けた経験のほうが少ないですw

マトモな先生もいましたが、
教科書マニュアルの知識や単位など
何の価値も感じる事は出来なかった。

変な先生が私の恩師です。
私も変な先生になって教科書なんて放り出し
子供たちに世界の醜さ美しさを教え
人間ひとりひとりの可能性について教えてあげたかった
そう思ったこともあります。

学校は洗脳機関ですからね。
高校時代はマトモな先生ばかりでしたが
マトモというものの狂気を感じてしまいました。

NoTitle

教育って難しいですよね。
俺も今の教育に不安があるし、よく愚痴ったりします。
でも、それは誰にでも出来るんですよね。
結局問題なのはどう教育を変えるか・・。
なにを育てるべきなのか、そのために何をするべきなのか。
具体的な取り組みって予想以上に難しいんですよね。

俺も学歴なんて、あまり意味がないものなように思えます。
まぁ、それなりの努力っていう点は認めるべきだとしても・・・
その努力がほんとに正しい努力だったのかは誰にも分からないし・・。

俺もそこそこ勉強して、そこそこの大学行きましたけど、
結局中身が空っぽなんで、
改めて、学び直したいなと切に思っていますw

Re: NoTitle

Neroさん、こんばんはー。

変な人おおかったんですか。うらやましいです。
変な人、すきなので。

ぼくは教科書じたいあまり好きじゃなかったです。
あれは教員のために作られてるんだと思ってます。
とくに日本史。

Nero先生の授業ならたのしめそうです!
放課後もくっついてまわっちゃうかも。
専門は生物かな?白衣が似合いそうだもの。

「学校は洗脳機関」ですね。
高校、いかなくてよかったと、今は思えます。

新しい学校のかたち、考えてます。
実利より個性。
そんな学校が選択肢にあれば、豊かになれる気がします。

Re: NoTitle

ばななんさん、お久しぶりです。

> 結局問題なのはどう教育を変えるか・・。

いまの教育を問題視してない人も多いですよね。
まったく、疑ってないのかな。
それは、ある種、これまでの教育の成果なんでしょうね。

> 具体的な取り組み

むずかしいですね。
まずは主体性じゃないですかね。
自分で選ぶのか、環境に選ばされるのかは
大きなちがいですよね。
あと、疑問符を投げつつづけること。
なんて、偉そうなこと言ってます…。
いろんな問題があるんですよね。

大卒のひと、尊敬してますよ、ぼくは。
いっぱい勉強されたのだと思います。
ぼくにはできなかったことです。

学びの目的ってなんなんですかね。
ひとそれぞれですよね。
将来の安定の確保や、夢を叶えるため。
ぼくの場合は、ただ人間を知りたかった。
でも、そんな教科書、学校にはなかった。
だから、自分で選んだのです。
みんなが微分積分やってるときに、
ぼくは工事現場で汗かきながら
ゲーテを一心に読んだりしたのです。
それはとても刺激的な、
個人的な学校でした。

NoTitle

教育、難しいですね
社会のルール、覚えないといけないけど
本当に必要なこと、どれだけあるのかな?
自分の好きなものだけ勉強できたらいいけど
それだと・・・
人気のない科目の先生は、首をつりますね><

今の教育は、子供のためじゃなくて
学校のためのものだと思います。

Re: NoTitle

ころなさん、こんばんはー。

ほんとうに必要なことかあ。
そんなにたくさんはないんですよね、きっと。
人気のない科目、たしかに偏りあるかもしれませんね。
そしたら先生も焦るでしょうね。
工夫が生まれるかもしれません。授業をおもしろくするための。
教科書どおりすすめて、ついてこれない子は劣等生。
疑問や、反論はうえから抑えこむ。
ぼくの見てきた先生はそんなひとばかりだった。

先生によってアタリハズレがあるのは
本当に「あたりまえ」でいいのかな、って思うんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

私はいまだに九九があやしいけど大卒です。
なので偕誠館主人さんとは真逆の意味で学歴の無意味さを知ってます。

でも、大学は良いところでした。
小中高ずーっと落ちこぼれてたけど、大学ではわりと褒められた。
人文系だったから社会に出ても全く役に立たない勉強だったけど、今思えば贅沢。
三流私立だけどおもしろい先生がいっぱいいて。
ただ私がいる間にも、じわじわ高校みたいな面白くない場所に変わってく感じがあった。
きっともっと賢いor芸術系の大学なら、変な先生や、自由な感じが残ってるんじゃないかな。

偕誠館主人さんみたいな人こそ大学行けばいいと思います。
学歴とか就職とかじゃなく、本当の勉強をしに。
大検持ってるなら是非!
それか大きい大学なら普通に紛れ込めると思うので遊びに行くといいですよ。

でも工事現場でゲーテも素敵!!
その場面見てたら確実に惚れてた!!!
その頃に会いたかったわ♥

Re: NoTitle

鍵コメさん、こんばんはー。

おお…。すごい先生もいるんですね…。
そういうことできる人って、魅力的です。
内容は刺激が強いですけどw

話それるけど、文中の「冗句」って言葉、いいですね。
Jokeとかかってるんですね。おもしろい。
ググったら出てきたけど、ぜんぜん知らなかったなあ。
さすがNero先生。

> 一人一人の個性と特性を認めて「人」として「友」として

そこです、ぼくのいいたかったこと。
もぐらは泳げないけど穴掘りは、できたんです。
伸ばせば、五輪だって出れたかもしれないんです。
子供は可能性の宝庫ですよね。
大人はそれをすこしも邪魔しちゃいけないと思うんです。
短所を補うには、長所を伸ばすという手もあるんです。
短所ばかりに集中していては、学校だって職場でだって
人は伸びませんよ、きっと。

> 死をまるで非現実的な事のように扱う現代の常識や教育が
> 人の心を貧しくしてしまっている気がしてなりません。

いまはどうか知りませんが、ぼくのころは
学校で宗教の話は禁忌でした。
世界史では、宗教は切り離せないはずですが、タブーになってました。
死生観についても、お茶を濁す先生ばかりでしたね。
死の教師、必要です。
それは生を輝かせる教師であり、
現代に不可欠な逸材だと、ぼくは思います。

Re: NoTitle

ピピネラさん、こんばんはー。

勉強できるって、贅沢なんですよね。
とても幸せなことなんですよね。
なんか、ピピネラさんのコメント読んで
いろいろ考えさせられました…。

大学、じつはいつか行きたいんです。
勉強したいこと山ほどあるんですよ。
でも、頭わるいから、追いつかないんですね。
一生勉強なので、焦らずいっこずつやります。

最後の三行、
男として、これ以上の栄冠はないです。
額にいれて飾っておこうかしらw
ていたらくな、いまの自分への戒めに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。