FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

コクリコ

返却前日になって、いそいで観た。


コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から [DVD]
(2012/06/20)
不明

商品詳細を見る


いやあ、予想に反しておもしろかった。

むしろ、ちょっと泣いてたし。

原作は「なかよし」で連載してた漫画だったんだね。

ぼくは「りぼん」派だったから、知らなかった。

最初、つまんないかも、と思いながら見てた。

音楽とか、雰囲気が、駿監督とは全然ちがうのに

絵が一緒だから違和感…。

高畑監督のときは、絵も若干ちがうような気がするんだけど…。

脚本も駿さんなのに、監督がちがうとここまでちがう空気がつくれるんだあ。


なんとなく見てて…

「カルチェラタン」の登場から一気に面白くなった。

あとで原作しらべて見たら、これは映画のオリジナルらしい。

カルチェラタンといえば、学生運動。

作中の学生たちの独特の言い回しがいい。

三島由紀夫と東大全共闘のやりとり思いだした。

「諸君!」とか言って。

時代もそのへんの設定かな。それよりすこし前くらいか。

でも結局、とことん「恋愛もの」で

ぼくのすきなジャンルじゃないんだけど…

たまにはいいなあ、って思った。



冒頭、ひなげしの花を飾ってるあたりが印象的だった。

コクリコって、フランス語でひなげしのことなんだね。

ひなげしといえば、虞美人草でしょ。

だから悲恋かなって予想したけど、そこはジブリだね。

ラストは、大団円、胸キュンでした。


手嶌葵は文句なしにイイ。だいすき。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR