111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

date :2015年12月

  • 2015.12.01(火)
  • 2015.12.05(土)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

ほとばしる
なにかだった、それは。
言葉知る
ほどになにかが変わった。
外は冬。
わたしは見知らぬ詩の
横顔を見つけた。
詩はもう
たぎって吹き出すなにかではなく
静かに刻む
深く刻む
命そのものになったやうだ。






にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

残影

夏のあとかた残さぬ
この
白いうで
さむさにごわごわ
かたいうで
林のかげには
おき捨てられた
虫とりあみ
こわれたスコップ
こどものスコップ
夏はそこに埋っているか
アスファルトに
小石のチョークで
かいた地図
こどもの
こころの
なかの恐怖が
にじみだし
首をもたげる






にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

嗤っている
なにがそうまで可笑しいのか
まるで童(わらべ)のように
邪気なく
せらせら嗤っている
師走の
さすように吹き抜ける寒風の
まにまに
からから嗤っている
いやはや
死んでみればわかるものを
なぜ生きてるうちに悩むのだらう
そういっては
かたかた嗤っている

正午の
ぶしつけな太陽のひかりのなかに
打ち棄てられ
むきだしに晒された
骨が嗤っている






にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

写真でひとりごと



ずいぶん早い梅もあれば


ずいぶん頑張るひまわりもあり


どれも今年の11月の写真です
今日の現場ではツツジの咲いているのを見つけました


これは氏神さんの大銀杏
なぜかライトアップされていました。

今年は夏がどうだったから
などとおっしゃる人もいますが
詮索はよしませう。
雑然としたままに調和の裡
そのような自然にたいして
人の野暮ったい解釈は不要と存じます。

花には花の事情があるのでせう。




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

すけべ

飯田健二さん
「すけべ」

飯田さんのこの唄声をきいていると
こころのカドがとれてゆく。



「公園」
この曲、夏の公園、芝生の上で昼休み
聴いてたら、ふわふわ、まるで幽体離脱のように
ぼくの中身だけが青空にとけていったのです。


いつかライブで聴きたい。
友川かずきさんも聴きたいけど、たぶんあれ生で聴いたら死ぬ。
だから実際行きたいと思うのは知久寿焼さんとパスカルズと飯田さん。





にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

のろし

人が
深い悲しみにからめとられたとき
のろしのあがるように
ひとすじの
雲のようなものがたちあがり
空まで届けばいいのに

そして
それは
遠くにゐる人にもみえるのだ
そうなれば
世の中のそこかしこで悲しみに
身もだえする人たちがゐるのを知り
ある人には
勇気になりはしないだらうか
優しさになりはしないだらうか
世界が
いまよりもっと
優しくなるのではなからうか




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

2015の終わり

今年は世界でこんなことがありました。
そういう話がぼくはできません。
今年もぼくはぼくの手綱を握るのにいそがしく
NEWSなどに時間をさかなかったからです。

2015のはじまりは薄灰色のくもりぞらでした。
仕事で伸び悩み、明確な目標を失い
人間関係にわずらわされ、病気もかなり暴れていました。

四月にひざを壊し、それをきっかけに退職、しばらくの休養。
六月には新天地で仕事をはじめましたが
その二か月間は、まるで土砂降りの嵐の夜でした。

新しい職場でも、当然、いろいろなことがありました。
一度は退職もしかけましたが、なんとかこらえることができ、
その時に成長を感じもしました。

今年は詩をはじめて投稿してみました。
そして入選しました。
入選程度では寸評もいただけないようなので
もうすこし上に食い込んでみたいものです。
来年も投稿すると思います。

このブログの読者のみなさま
ブロ友のみなさま
いつも本当にありがとうございます。
雑誌や賞に投稿する、などということを迷わずに行えたのは
みなさまのお声のおかげだったと思っています。

ここに書いて、読んでもらって
拍手やコメントをいただくことで
ぼくはほんとうに「生きていける」と思うのです。
たとえ仕事が暗礁にのりあげても
たとえ病魔に苛まれていても
詩が、生きてさえいれば
ここで息をできてさえいれば
ぼくも生きていけることができるのです。
ほんとうにありがとうございます。

今年ももう六時間ほどです。
すこし早いかもしれませんが、もうビールをのんでいます。
今年はぎりぎりまで、仕事をつめこんで、忙しくしていたので
今日になってから、庭の大掃除やら洗車やらと
バタバタ動き回っていたので、もう結構酔っぱらっています。
朝から水泳にも行ったので、体もほどよく疲れているし。

なので、ここまで書いた文章も読み返すことなくいこうと思います。
おかしいぞ、と思っても、いまのこの頭では直せないので。

それではみなさま
本年も大変おせわになりました
たくさんお声かけいただき、ほんたうにうれしかったです。
また来年も、よろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。