FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2015年08月29日

日記8-29

秋がもうすぐそこまで来てる。
カラフルで厳しく楽しい季節に
お別れを告げなくてはいけない。
さよなら。夏。
今年もぼくにたくさんの恵みをくれた。
そのはげしい太陽で
そのはげしい風雨で
ぼくは成長できたかしら。

秋は嫌いではない。
誰かがいうように「過ごしやすい」し
一仕事しても汗などかかない。
それに物足りなさを感じたとしても。
次々と葉を落とし、休眠の準備をする樹々。
乾いた風に舞う、落葉のうず。
嫌いではない。
街から緑がじょじょに減ってゆくその季節を
決して嫌いではないのだけど。

秋は、冬をすぐに連想させる。
夏から冬へのバトンが秋だ。
夏の戦いは、色鮮やかで楽しい。
冬の戦いは、モノクロで厳しい。
暑さと戦いながら、一枚一枚、服を脱いでいくのが好き。
まるで羽化へと脱皮をくりかえすみたいだから。
寒さと戦いながら、一枚一枚、服を着こんでいくのが嫌い。
夏に得たものを、失っていく気がするから。

秋、冬を
好きになれないのは
そのあとに春が待っているからだ。
ああ、春!
この地獄の一季。
夏が好きなのは、春が終わったと感じるからだ。
秋が好きになれないのは
春への下り坂に入ったと感じるからだ。

ぼくは今年の夏に、はたして
来年の春をのりきるだけの充電ができただろうか。
そんなことはわからない。

秋が終わって、冬が終わって
春がくるまで、わからない。
今年こそは、と思いながら
毎年、春におおきく転ぶ。
それでもやっぱり思う。
今年こそはって。

ぼくの脳髄のそのサイクルが
ぼくの人生にいったいどれだけの影響を
及ぼしてきたか
そしてこれからさき、及ぼしてくるのか。
そんなことはわからない。

とにかくいまは、残りの夏を全身で吸い込み
秋から始まる長い戦いに
身も心も準備しはじめているのだ。






そういえば
また蜂に刺された。アシナガバチ。
この時期の蜂は凶暴です。
六月に刺されたときより数倍腫れあがって
一日休まざるを得ませんでした。
みなさん、茂みの近くを行くときはお気をつけて。





にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR