FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2015年07月13日

  • 2015.07.13(月)

ぼくという詩

よいものをつくろうと
思いたち
書斎にすわりこんでは
元も子もない

机をにらんでみても
ほおづえついてみても

詩はつくるのではない

語るように生き
生きるように語るのみだ

ぼくという
ひとつの詩
その可能性を
一度
空にあずけてから のち
再び ぼく自身に
それを問うのだ






にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



風呂

排水溝にながれていく
あの顔
あの声
こぽり こぽり
ながれていく

今日いちにちの
できごとのすべて
首をすこし後ろにむけるだけで
すぐに見えるほど
過去とよぶには近すぎる
それらの
あの顔
あの声を
ざばん ぱさん
ながしていく

風呂場のかがみをのぞきこんで
ひげを剃る
今日いちにちで
わずかずつのびた
このひげ
体についた泥やほこり
汗や
かなしみや
怒りや

すべて
排水溝にながれていく
あの顔も
あの声も
いやな言葉も
いやな出来事も

体のよごれと
心のけがれを
排水溝にながしていく

それをぢっと見ているわたし






にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

風景にわたしがいない
わたしの目がみている
この風景に
わたしがいないなんて おかしい

陽にやけた
手の甲ばかりを見ている
黒く たくましく かたい
手の甲ばかりを見ている

てのひらは
しろく やわらかい
ぐっとにぎり
こぶしをつくる

わたしはてのひらの中にある

てのひらを見つめるとき
人生の足は
すこしのあいだ
立ち止まる
三十二年
使い古しの
このてのひらには
いいようのない
物語がある








にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR