FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

date :2013年12月09日

  • 2013.12.09(月)
  • 12-9

12-9

今日も猫'sのコーラスで6時起床。

猫にごはん、ぼくは今日もバナナとシリアル。

室温9度。まじっすか。暖房つけてみんなのブログを見て回る。

すきま風ふきこむ、若干かたむいたこの家がすき。

茶トラのちゃちゃ、今朝はやけに甘えん坊。

妻ちゃんといつもの交差点まで一緒にいって

そこからジョギング。

昨日ストレッチを手抜きしたせいか

15分くらいで一度こころ折れそうになった。

youtubeさん、おたすけーってんで

これを聴く。





するとどうしたことでしょう

ウォーキングになりかけてた脚に元気復活。

ぼくって自分でおもってるより単純なんだ。

この曲、すきなんだ。

いろんなひとのこと、思い出すから。

それでなんとか昨日と同じ時間はしれた。



親方からメール。

体調戻ったらすぐ連絡くれって。

冬の剪定だ、きっと、忙しいのだ。

早く体調戻さないと。

自分を必要としてくれる人には全力で応えなくては。


親方の手伝いするってなると、準備がたくさん要る。

例えば通勤。片道40分、バイクで走るのだ。

おそるおそる、久しぶりのバイクで

同じくらいの距離がある実家へいってみた。

予想以上の寒さ!

そうだ、これがバイクだったんだ。

あぶねー。なめてかかったら迷惑かけるぞ、これ。

気合はいった!!

リハビリ頑張ろ。


今日はお鍋にしよー。にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



いきどまり

あの角を曲がるんだよ

ほら、あの真っ赤な看板がでている

あの角をさ

それからずっと、まっすぐいって

あの橋の手前で曲がるんだ

いいかい、みぎ、みぎ、ひだり、みぎ

それからひだり、ひだり、みぎ、みぎ…

この順番を忘れてはいけないんだ


けれど、もし万が一、道がとだえて

進めなくなるような時があったら

どうする?


「勇気をだして、まわれ右さ。

いままでおぼえた右も左も

ぜんぶあべこべになっておもしろいや。

目印なんてあてにならない。

看板や橋が、いつまでそこにあるか、しらないもの。

ぼくはぼくの脚でいくよ。

まわれ右して、向かい風も、追い風になるさ」


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

ゆみや

ターン

と、小気味いい音をたてて

額の中央に、矢が突き立ちます

穏やかな一日の終わりに

不穏な、矢が、突き立つのです

とたんに騒々しくなるこころを

薬でなだめます

誰ですか、こんな穏やかな夜に

弓矢を放ったのは



死、かな

それへの恐怖、かな

それとも、抗えぬことへの、不安かな



せめて、一太刀

そういう思いを握りしめる

自分を抱きしめて布団にはいる

病気は、目に見えないが、常にいる

忘れた頃に、ぐさりと、くる



大丈夫

大丈夫と妻のいう

ぼくはひとり

終わりを睨む



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR