FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2013年10月09日

変身

朝起きると、ぼくは人間になっていた。

昨日まで、家族だった彼らは

ぼくが近づくと逃げていく。

昨日まで、毎日つかっていたあの抜け穴

この大きな体ではくぐれない。

あたまがやたらに重く、バランスがとれないようだ。

人間に触覚がないことを、不思議に思っていたけれど

なるほど

これならいらないわけだ。

これが、見えるということだ。

これが、聞こえるということだ。

これなら、触覚がいらないわけだ。


歩いてみる。

足が二本しかなく、さぞ不便だろうと思っていたが

この手の便利さときたら、どうだろう。

ちょこちょこ、よく動くものだ。

これが、指か。

ひとつだけ、反対を向いているんだな。

これが、親指か。

太古の昔、人を人にしたのが、

この親指なのだな。

親指だけが、他のすべての指を触れるようだ。

だから、親指と呼ぶのかな。


人間の世界も、おもしろそうだ。

ひとつ、楽しんでやろうか。


おっと、迂闊に歩くものじゃないな。

これはどうやら、仲間を踏んづけてしまったようだ。

昨日までのぼくは、家族から再三

人間には注意するように言われていたのにな。

不思議なものだな。

いまぼくは、その彼らを踏み殺してしまったわけか。

まあ、いいか。

人間は、理由もなく、命を壊す生き物だって

お父さんも、おじいちゃんも、言ってたものな。



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



二歩

今日も、朝起きれた。

寝つきが遅く、3時過ぎてしまったけど

なんとか9時前には起きれたぞ。

明日もできれば、とりあえず、三日坊主の達成だ。


起きて今日はお庭の掃除。

桜の鉢をかえたり、もみじをすこしだけ剪定したり。

古くなった竹を分解したり。

ついでに、お隣さんちのまえもかるく掃除。

太陽のしたで体動かすのって、やっぱりきもちいい。

裏庭の掃除は明日にとっておいた。

これで明日も、起きる理由ができた。


そのあと、二階にひきこもって、講義のつづき。

一コマ三時間はあるから、この頃のリズムでは2日でやっと

一講義おわれるくらい。

まあ、少しずつ、前のペースに戻っていければいい。





ポカポカ陽気に

カーテンがふわふわ、風がきもちよくて…

勉強には、大敵?

いや、それは、贅沢病だな。




ねこたちと一緒に昼食をとって、まったり。

うーー。

この昼下がりのねこから出てる

一緒に寝ようぜオーラに、ぼくはめっぽう弱いのだ。

すこしだけつきあって、また二階に行くからね。

ほんと、すこしだけだからねっ。



ZZZにほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

友達

ある日のことです。

教室で、ケンカがはじまりました。

ふたりの子は、たがいの悪口を言い合っています。

まわりでは、みんな黙って見ています。

その日は、おたがいに悪口を言い尽くしたみたいで

ケンカは終わりました。

けれど、次の日も、そのまた次の日も、

ふたりは教室でケンカをするのです。

まわりでは、みんな黙って見ています。

ついに、悪口を言い尽くしてしまった子が

もう一方の子の、昔のことをもちだして

さらにはげしく悪口をはじめました。

そうなると、片方の子だって、黙っていられませんから

やっぱり昔のことを持ち出して、

ケンカはどんどん、ひどくなっていったのです。

まわりでは、みんな黙って見ています。

ある日、片方の子が、

それまで黙ってみていた友達をひとり

味方につけました。

2対1です。

これでは、不利だと思い、もう一方の子も

負けじと仲間を作りました。

隣につれてこられた子は

自分にまで悪口が来るのじゃないかと

ビクビクしながら

ケンカをやめないふたりの背後に

隠れるようにしています。

そして、そうだそうだ、なんて言っています。

まわりでは、みんな黙って見ています。

相手がまたひとり仲間を増やすと

こちらでもまたひとり、増やします。

そうこうしているうちに

教室はまっぷたつになってしまいました。

片方が、せんせいを味方につけると

もう片方も、自分たちににているせんせいを味方にします。



でもね、

たったひとり、どちらにも入らずに

黙ってみていた子もいたのです。

とうぜん、その子は

両方のグループから問いつめられます。

ねえ、きみはどっちのともだち?

ぼくらのともだち?

ちがうよね、ぼくらのともだちだよね?

答えられずに、その子はひとりでうつむきます。


こたえたら、怒られそうで言えませんでした。

こたえたら、笑われそうで言えませんでした。

ほんとうは、こう答えたかったのです。



みんなともだちだよ。



ちがうの??



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR