071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :詩人たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

弔詞

ぼくらが戦争を語るとき
どこかしら滑稽さがはみだしてくる
戦争のさなかを生き、あるいはそこで死んでいった人たちの
言葉を借りて語るしか
ぼくらには、方法がない。

また石垣りんさんの詩をのせたい。
祈りのような、この詩を。



『弔詞 ―職場新聞に掲載された一〇五名の戦没者名簿に寄せて― 』

ここに書かれた名前から、ひとりの人が立ちあがる。

ああ あなたでしたね。
あなたも死んだのでしたね。

活字にすれば四つか五つ。その向こうにあるひとつのいのち。悲惨にとじられたひとりの人生。

たとえば海老原寿美子さん。長身で陽気な若い女性。一九四五年 三月十日の大空襲に、母親と抱き合って、ドブの中で死んでいた、私の仲間。

あなたはいま、
どのような眠りを、
眠っているだろうか。
そして私はどのように、さめているというのか?

死者の記憶が遠ざかるとき、
同じ速度で、死は私たちに近づく。
戦争が終わって二十年。もうここに並んだ死者たちのことを、覚えている人も職場に少ない。

死者は静かに立ちあがる。
さみしい笑顔で
この紙面から立ち去ろうとしている。忘却の方へ発とうとしている。

私は呼びかける。
西脇さん、
水町さん、
みんな、ここへ戻ってください。
どのようにして戦争にまきこまれ、
どのようにして
死なねばならなかったか。
語って
下さい。

戦争の記憶が遠ざかるとき、
戦争がまた
私たちに近づく。
そうでなければ良い。

八月十五日。
眠っているのは私たち。
苦しみにさめているのは
あなたたち。
行かないでください 皆さん、どうかここに居て下さい。
石垣りん






どうかいつまでも
ここにとどまりつづけ
わたしたちを叱ってください
あなたがたの死の上に
無自覚にあぐらをかいて
怠惰な平和に
ほうけている
期待外れのわたしたちを
どうか叱ってやってください




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

詩禱

あ、
この焼けただれた顔は
一九四五年八月六日
その時広島にいた人
二十五万の焼けただれのひとつ

すでに此の世にないもの

とはいえ
友よ
向き合った互の顔を
も一度見直そう
戦火の跡もとどめぬ
健やかな今日の顔
すがすがしい朝の顔を

その顔の中に明日の表情をさがすとき
私はりつぜんとするのだ

地球が原爆を数百個所持して
生と死のきわどい淵を歩くとき
なぜそんなにも安らかに
あなたは美しいのか

しずかに耳を澄ませ
何かが近づいてきはしないか
見きわめなければならないものは目の前に
えり分けなければならないものは
手の中にある
午前八時一五分は
毎朝やってくる

一九四五年八月六日の朝
一瞬にして死んだ二五万人の人すべて
いま在る
あなたの如く 私の如く
やすらかに 美しく 油断していた。
『挨拶――原爆の写真によせて』
石垣りん




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

八木重吉

雨のおとがきこえる
雨がふっていたのだ
あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
雨があがるようにしずかに死んでゆこう
『雨』
八木重吉







にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

茨城のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
『自分の感受性くらい』
茨城のり子




なにかと「時代のせい」にしがちなぼくを
殴り飛ばしてくれるような、まっすぐな拳がすき。




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

石垣りん

熱帯魚が死んだ。
白いちいさい腹をかえして
沈んでいった。

仲間はつと寄ってきて
口先でつついた。
表情ひとつ変えないで。

もう一匹が近づいてつつく。
長い時間をかけて
食う。

これは善だ、
これ以上に善があるなら……
魚は水面まで上がってきて、いった。
いってみろよ。
『水槽 』
石垣りん




にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

斎藤庸一

死ぬってなんだや
(なんだがな)
わがんねか
(わがんねえ)
バカなごった
(バカでねぐなるごったよ)
そうか ありがてえな
(眼ば 見えねぐなっと)
まっくらだあな
(耳ば 聞こえねぐなっと)
せいせいすべえ
(歩くこたねえ)
なんぼか なんぼか いいごった
炭しょって薪しょって
山道のぼりくだりはこりごりだ
(手もうごがねえ)
そうが 夜なべして藁ぶつごたねえな
麦も稲っごも刈っごとねえな
(そだ まんま食わねがら
まんま焚ぐおかかもいらねだ)
おかかは死んでもいっぺて!
(どしてだ)
仕事させねで いいべべ着せてや
あめい栗の花さぐ山ん中でな
おら 死んだらな
のんべり湯治さでも連れてくべ
そうしてはあ
めんこくめんこく 抱いてやっぺよ。

「死」
斎藤庸一



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

中也の詩

春の日の夕暮  

トタンがセンベイ食べて
春の日の夕暮は穏かです
アンダースローされた灰が蒼ざめて
春の日の夕暮は静かです

吁! 案山子はないか――あるまい
馬嘶くか――嘶きもしまい
ただただ月の光のヌメランとするまゝに
従順なのは 春の日の夕暮か

ポトホトと野の中に伽藍は紅く
荷馬車の車輪 油を失ひ
私が歴史的現在に物を云へば
嘲る嘲る 空と山とが

瓦が一枚 はぐれました
これから春の日の夕暮は
無言ながら 前進します
自らの 静脈管の中へです

中原中也




「自らの静脈管の中へです」
の一文に鳥肌がたった。
中也詩集 『山羊の詩』より



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

アレン・ギンズバーグ

僕は見た 

狂気によって破壊された僕の世代の最高の人間たちを

飢え 苛立ち 裸で 

夜明けの黒人街を腹立たしい一服の薬を求めて

のろのろと歩いてゆくのを 

夜の機械の 星々のダイナモとの 

古代からの神聖な関係を憧れてしきりに求めている天使の顔をしたヒップスターたち

ある者らは 金もなく ぼろぼろのシャツを着て うつろな眼でタバコをふかし

寝もせずに 湯も出ないアパートの超自然的な暗闇で 都市の上を漂いジャズを瞑想していた



(「吠える」第一部の三行)

諏訪優訳 『ギンズバーグ詩集』 にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

グザヴィエ・フォルヌレ

シュルレアリストたちが1927年に発見した、彼らの先祖。

無名の詩人。

Wikipediaにもないようだ。

フォルヌレとは、どんな男だったか。

下の一篇の詩が、それを語るだろう。






『恥を知る貧乏人』


穴のあいたポケットから
ひっぱり出して、
目の前に置いた。
つくづく眺めて、
「かわいそうに!」といった。

湿った口から
息を吐きかけた。
ふっと心をとらえた
おそろしい考えに、
ぞっとした。

溶けて流れた
水の涙で
濡らしてやった。
大市場よりもっと
隙間だらけの部屋だった。

ごしごし擦ってやったが、
一向に温まらず、
ほとんど感覚も失せていた。
刺すような寒さに
かじかんでいたからだ。

ある思いつきを吟味するように
宙にかざして
吟味した。
それから針金で
寸法を測った。

皺の寄った唇で
触れてみた。ーー
物狂おしく
こう叫んだ、
「さようなら、接吻しておくれ!」

唇に押しつけた。
それから捩子のゆるんだ
重苦しい音を出す
腹の時計の上で
組み合わせた。

殺すことに意を決めた、
片一方の手で
そっと触れた。
ーーそうだ、たとえ一口でも
腹の足しにはなるぞ。

     ぼきりと曲げた、
     へし折った、
     目の前に置いて、
     ちょん切った、
     水で洗って、
     運んでいって、
     こんがり焼いて、
     食ってしまった。

ーーまだ子供のころ、彼はよく聞かせれていたのだ。
「ひもじくなったら、片方の手を食うがいいよ」と。


Xavier Forneret
(訳:澁澤龍彦)
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

「甘き憂い」ゲーテ

憂いよ、去れ!
ーああ、されど、死すべき人間なれば
生ある限り、憂いは去らず。
避けがたきものとあらば、きたれ
愛の憂いよ
他の憂いを追いて
なんじひとり、わが胸を領せよ!にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

寅さん




例えば、日暮れ時、
農家の あぜ道を一人で歩いていると
考えてごらん。
庭先にりんどうの花がこぼ れるばかりに咲き乱れている
農家の茶の間。
灯りが明々と ついて、父親と母親がいて、
子供達がいて賑やかに夕飯を 食べている。
これが・・・
これが本当の
人間の生活というものじゃな いかね、君



第8作 「寅次郎恋歌」より



にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

憂鬱の学徒

「憂鬱」の学徒である
私は書斎へと行ったけれど
現世の学を綴る文字を
たどたど読んでは
ひどくこころは乱れている
読み書きを知らずに
「心配」に鞭打たれる
わが生涯のおわりの日々

今は昔 青春の花ざかり
学ぶこころのさとかったとき
今より多くをいっときあまりで
学べたはずだが年老いて
巧言に負けたとこころに悟る
必要なのは追従ではなく
叱咤だったが今は丸裸
わが生涯のおわりの日々

なにを聞こうと申すのか
ロバひきに擬せられ
「良い仲間」には去られ
ただ「無関心」に留められて
仕える私 もうおわりだ
望むのならば代わりに学べ
悟ったのが遅すぎた
わが生涯のおわりの日々

なるほど時を浪費したが
それは「愚行」の声がさせたこと
わかっているのだ いまわかったのだ
わが生涯のおわりの日々

【Escollier de melencolie 】Charles d'Orleans

シャルル・ドルレアン「憂鬱の学徒」
狂王シャルル六世の甥。
父は暗殺され、自分はアザンクールの戦で捕虜になり、
イギリスで25年もの幽閉生活を送り
帰国してからは政治家として失敗、ついに居城にひきこもり
詩を書いて生涯をおえた。

壮絶な人生は、詩の中に息をひそめている。
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村

自己紹介

偕誠

Author:偕誠
a.k.a.破裂
1983年生まれ。
東京都在住。
双極性障害と苦闘しながら
詩作に励んでおります。


※拙文ではありますが著作権は当方にあります。
無断転載等はご遠慮くださいませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Welcome!

OfficeK

応援おねがいします

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。